美少女ゲーム > West Vision > 狂想の肉宴

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2006年12月01日
シナリオ 黒崎将弘
イラスト トシぞー
音楽 M.C TOM
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 和服凌辱アドベンチャー
その他
ジャンル

作品内容

★ストーリー

主人公『水鏡 志郎』は、何年も音信不通だった義妹 『水鏡 京華』から突然の手紙を受け取ります。
内容は簡潔なもので、旅館『明星』という場所に来て欲しいというものでした。
突然の呼び出しを不審に思いつつも、志郎は『明星』へ行くことを決意します。
そこでは義妹と再会を果たし……更に4人の女性との出会いが待っていました。
京華は志郎から乱暴を受けた過去がありながら、昔のままに彼を慕ってくれています。
そんな義妹に志郎もかつての思慕の想いを再び抱くようになります。
女将の吉野詩鶴を始めとする『明星』従業員達もまた、志郎を暖かく迎えてくれます。
その中で、心休まる一時を過ごす志郎。
しかし、それも京華が志郎を呼び出した本当の目的を口にするまででした。
京華の口から語られた目的……それは彼女がこの世で最も憎む男、
実父である『水鏡 輝義』が愛しんだこの『明星』を潰してしまう事だったのです。

父親を憎む義妹の気持ちが良く理解できる志郎は、躊躇いながらも彼女に協力を約束してしまいます。
そして彼は……
一人、また一人と『明星』の従業員 を手にかけていくのです。
気心の知れた女性達を汚して いく事で、志郎は昂揚感を覚えると同時に罪悪感に苛まていきます。

相反する二つの感情が次第に彼の心を蝕 んでいき、その行動にも歯止めがかからなくなってしまいます。
そんな志郎がたどり着く先には何があるのか……

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001982
ファイル名/ファイル容量
VJ001982.zip / 257.06MB
CPU
PentiumIII 450MHz 以上
メモリ
64MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX8.0a以上
ソフ倫受理番号
受理番号0003521D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003521D)

狂想の肉宴の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「狂想の肉宴」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

着物/和服(2) 退廃/背徳/インモラル(2)

和服が素敵

2014年02月20日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

旅館、和服、この二つの属性が合えば中々。
話としては突然妹に呼び出された主人公が、妹への色々な感情がために旅館の女たちを犯していくという話。
根っからの鬼畜主人公というわけではないので、そこまで陵辱がキツイというわけではなく、その辺が苦手な人でもできそう。
和服と旅館という特異な空間が作り出すエロさに心惹かれる人なら買っても損はしないでしょう。
まあ、個人的には妹のガチさ加減には頬が引きつりましたが。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

和装好きならいいかもです

2007年06月28日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

凌辱物です。Hシーンは基本的に着衣で、和服メインという他にあまり類を見ないシチュエーションが売りでしょうか。内容はやはり男性優位であるのが殆どです。
着物のみならず板前の格好というマニアックな物も用意されており、ちょっと変わった物を探し求めているならば手に取るのもアリかと。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]