>    >  

ブランド名 :  BaseSon
ホームページ :  http://baseson.nexton-net.jp/
販売日 :  2006年10月10日
原画 :  片桐雛太  /  かんたか
シナリオ :  青山拓也  /  倉嶋秀二
声優 :  青山ゆかり  /  大波こなみ  /  吉川華生  /  北都南  /  このかなみ  /  鷹月さくら
年齢指定 : 
作品形式 : 
対応OS : 
[PC]
Windows98 / Windows98SE / WindowsMe / Windows2000 / WindowsXP / WindowsVista
[その他]
(日本語版)
その他 : 
ジャンル : 

サンプル

HTML版で表示

作品内容

4人の少女との出会いから、過酷な運命に晒されることになった主人公の苦悩と決意を描いた学園伝奇AVG。
物語は、平穏無事な日常に、非日常的な凄惨な凌辱と異形なる化け物同士の戦い絡み、奥深くもドラマティックに展開する。
主人公は、そうした非日常の中で、ヒロイン達との絆を深め合い、時に身を焦がすような恋を、
時に胸を締め付けられるような切なさを、時に心を引き裂くような哀しみを、そして言いようの無い絶望を味わっていく。
そこに希望は存在するのか? それはアナタ自身が見つけて欲しい。

◆ストーリー

高藤篤志(主人公)は、何処にでも居るような平凡な学生。しかし、それは4人の少女と出会ってから、
篤志の取り巻く環境は少しづつ、しかし確実に変わっていった。
そして、それは切なくも過酷な運命へと篤志を導いていく。これまでの平穏は終わりを告げ、彼の周囲では不可解な事件が頻発する。
学園を震撼させる凌辱事件。悪魔に魂を売り渡し、狂気に取り憑かれたクラスメイト。
全ては、人を狂わせる魔石——「メザマレクの石」へと繋がっていた。
そのメザマレクに魅入られた人間達を巡って暗躍する闇の住人——不死者と呼ばれる「ノスフェラトゥ」……。
自分の住む世界が、すべからく生に祝福された生き物だけが住んでいるわけではないことを知り、
例えようもない恐怖に晒されながらも、現実を直視しようとする篤志だったが……。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001959
ファイル名/ファイル容量
VJ001959.zip / 1021.48MB (1071103068Byte)
CPU
Pentium 233MHz以上 / PentiumII 400MHz以上
メモリ
32MB / 64MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX8.0以上
ソフ倫受理番号
受理番号0001089D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0001089D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「屍姫と羊と嗤う月 ~cry for the moon~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

武装○○

2010年06月29日  サンライト さん 投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

この作品は結構作品の評価が分かれると思います。その最大要因は恐らく
作中のキーワードであるメザマレクの石等作中であまり語られないこと。
特に姫岸唯緒、黛 叶子と真咲 花、一ノ瀬 明星ではかなり違います。
詳しく申せば前者二人のルートではメザマレクの石が深く関わっていますが
後者では前者程深く関わらないという感じですね。

 ですからメザマレクの石やそれらを巡る謎の解明といった伝奇モノを期待するよりは
メザマレクの石を「要素」とした各キャラのファンタジー物語といったほうが
適切な気がします。 

 難点と申せば、やはりメザマレクの石等の説明があまりないこと。
また注意点として前半はとにかく底抜けに明るいのですが、後半になるとかなり暗く
沈み、いわゆる「重い」話になります。絵もややグロ描写や陵辱絵なども出ます。

 ですが値段と比較すると物語も絵もきちんと出来てます。キー要素もユーザーが
おいてけぼりになる程ではなく回想等である程度推測することが出来ますので
「物語がシリアスでも良いからドラマチックな物語がみたい」という方にお勧め。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!

世界が終わるまで

2010年02月05日  熊くじら さん 投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

発売当時、色々評価の分かれた伝奇作品。私は好きですが、評価が低い人の言うこともわかります。
四人のヒロインのルートが、それぞれ異なったストーリーを展開しますが、それぞれ方向性が全く別々です。
まず、転校生&同級生の二人と先輩&後輩の二人、この二つで全く別のゲームのような印象を受けるほど毛色の違うシナリオが展開されます。
前半二人は正しく伝奇するのですが…後半二人は、不思議系学園ラブコメと表現した方が正しいのではないかと。
同じような要素で進む二人のルートも、具体的な内容は全然違いますし。
しかし、キャラクターはそれぞれ魅力的で、設定もかなりよくできています。
主人公の性格や細かい設定もルートごとに微妙に違うので、その辺が割り切っていける人にはおすすめ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ストーリーが良い!

2007年07月18日  ???? さん

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

CGの量がやや少ない印象はありますが、全体としてまとまった良い作品です。
第一印象と違い純愛がメインのストーリー構成です。
ゲームというよりもノベルとして楽しめるゲーム(?)です。
一つ一つのストーリーも長くなっていて楽しむことができます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]