美少女ゲーム > ディスカバリー > 紅蓮 第一幕 鬼

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2006年10月06日
年齢指定
作品形式
動画 / WMV形式アダルトアニメーション
その他
ジャンル

作品内容

悪鬼羅刹が徘徊する、今の日本ではない国「封焔国(ほうえんこく)」。
ここには人々の安寧を守る為、諜報活動を行い鬼たちと戦う退魔機関「紅蓮」があった。
紅蓮の構成員である「烈火」はその任務中に鬼の襲撃にあい、
姉と慕い共に幼き頃より修行を積んできた仲間「月影」とはぐれてしまう。
なんとか一命を取りとめた烈火だったが意識を失った自分を看病してくれた
「遥」さえも鬼に攫われてしまう。烈火は自分の無力さを呪い、仲間の
「茜」「彩乃」と共に鬼に攫われた娘たちを助け出す為に、鬼の
住処へ向かうのだった。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001944
ファイル名/ファイル容量
VJ001944.zip / 352.54MB (369666847Byte)
CPU
Pentium 333MHz 以上
メモリ
128MB 以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
その他
Windows Media Player Ver9以降 / 収録時間:30分

紅蓮 第一幕 鬼の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「紅蓮 第一幕 鬼」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

ロングヘア(2)

おすすめ!少年向け90年代アニメ風

2017年05月16日  

このレビューは参考になった×0人

原作のゲームは未プレイですが、それでも物語は理解できました。置いてきぼりを食らう心配はないので、自分のようにアニメで初めてこの作品に触れる人にもオススメできます。

絵はとても綺麗で、地上波で放送されているようなアニメと遜色ないほど。
むしろ下手なアニメよりよっぽど綺麗です。細部にまでこだわりを感じる出来映え。

音楽もとても良いです。熱い展開にとてもマッチしていて、サントラがあったら欲しいくらい。

ガッツリの濡れ場以外にもちょこっとセクシーなシーンがあったりして、見ていて楽しいです。少年マンガのお色気シーンを少し過激にした感じでしょうか。

90年代の少年マンガ原作アニメを見ていた世代なら、どこか懐かしさを感じつつ楽しめる作品だと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

記念すべき第一話!!

2007年10月23日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

知っている人は少ないと思いますが
これはPCゲームの「紅蓮」をアニメ化したものです
原作結構絵がきれいで好きだったんで買っちゃいましたー
Hシーンは割と陵辱気味ですが短めでした
その一方でストーリーがきっちりしてる内容に仕上がっているんで
そういうのが好きという方にオススメです

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ストーリー重視なら

2007年07月06日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

Hシーンはそんなに多くなくストーリー部分にも力が入っているので両方楽しみたい方にはおススメです。
村娘は鬼による凌辱、ヒロインは主人公とのHという構図ですので純愛、凌辱どちらも入ってます。
主人公が格好いいので女の人にもおススメかも。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]