美少女ゲーム > U・Me SOFT > フェチ2 裏の記憶 ~甲斐姉妹編~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2006年12月01日
シナリオ 首藤頼多
イラスト 金目鯛ぴんく
音楽 BJ-AKI
その他 河原徹拡(演出)
年齢指定
作品形式
アクション / フェチ系アクションノベル
その他
ジャンル

作品内容

【あらすじ】
主人公・諏訪吉雪(名前変更可能)は全国ネットTV局『北半球テレビ』の人気プロデューサーである。
新社屋への移転を控え、まもなく取り壊される旧社屋を歩き回りながら、ここで過ごした日々を思い出す諏訪。
駆け出しのAD修行、難問山積みだったディレクター時代、地位と責任のプロデューサー稼業。
そして当時付き合っていた女性の、面影。
紫煙に霞む涙。笑顔の陰の涙。
顔も見ずに伝えた、別れの言葉。
裂いた絆、裂かれた絆。
何もかも、取り戻せない過去の残り香。
思い出へ変えざるを得なかった、記憶。
煙草を燻らせながら、諏訪はひとときの回想に沈んでいく。
甘く、また苦い、追憶。

【登場キャラクター】

●甲斐 信(かい まこと)/芸名:MARK(マコ)/黒いドレス/髪の毛:グレー
●甲斐 遥(かい はるか)/芸名:LUKA(ルカ)/白いドレス/髪の毛:金髪

〈データ〉
身長 :147
B :成長前77(B)
 成長後95(I)
W :50
H :75
誕生日 :4月9日(牡羊座)
血液型 :O型
趣味 :ぬいぐるみ集め(信)、お裁縫(遙)

〈プロフィール〉
小悪魔的な魅力で人気のゴスロリ双子ユニット『f.R.A.n(フラン)』の二人。
デビュー1年でアルバム総売上1000万枚を突破するほどの人気をもつ。
北欧系のハーフだという妖精的、神秘的な顔立ち、浮世離れした雰囲気。
無邪気さと傍若無人さを兼ね備えた、新時代のユニット。
私服も舞台衣装もゴスロリ一色。
ドタキャンやダブルブッキング、生放送中に××、などさまざまなトラブルでも有名。

姉のMARKこと信はいつもぼうっとしており、口数が少ない。
しかし無口とか引っ込み思案とか言うよりは、何事にも醒めているという雰囲気。
歌唱力には定評がある。
いつも抱いているぬいぐるみは人食いウサギの『ボバさん』。美少女の産毛が好物。

妹のLUKAこと遙はつねにテンションが高く、慇懃無礼だが単純で裏表はない。
歌唱力は姉に劣るが、その喋り、とりわけぶっちゃけ毒舌トークには定評がある。
裁縫が得意で、自分たちの私服や衣装は全部彼女のお手製。
お姉ちゃんが大好きで、彼女にこしらえた服を着せるのが最大の娯楽。

序盤こそバストサイズはほどほどながら、成長すると二人揃ってIカップにまでバストアップ。

〈物語〉
口論の末、仲違いし、仕事をドタキャンしようとする彼女たちに『お灸をすえる』。
二人揃って責められるうち、少女たちの官能が次第に目覚めていく。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001927
ファイル名/ファイル容量
VJ001927.zip / 153.7MB (161166493Byte)
CPU
PentiumII 233MHz以上 / PentiumII 400MHz 以上
メモリ
128MB / 256MB以上
VIDEO
2MB / 4MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX7.0a以上
その他
DirectSound対応

フェチ2 裏の記憶 ~甲斐姉妹編~の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「フェチ2 裏の記憶 ~甲斐姉妹編~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

おすすめ!フェチ2 裏の記憶 甲斐姉妹

2007年10月10日   投稿数 : 9位

このレビューは参考になった×1人

フルプライスで「フェチ2 裏の記憶」として発売された作品のキャラクター単体Ver.。
今作ではドタキャンや遅刻などトラブルばかり起こす、レズ疑惑のある双子の歌手を2人まとめて犯します。

ノベルパートを読み進めていき、ある程度進めるとアクションパートが挿入されるというシステム。
ノベルパートはウィンドウにメッセージが表示されるオーソドックスなタイプで、
アクションパートは、SDキャラをキーボードで動かして敵を避け(倒し)ながらブロックをハンマーで崩してゆく単純明快なルールです。
時間内に全てのブロックを崩さないと続きが読めませんが、苦手な方でも「EASY」に設定すればわりと簡単にクリアできます。
絶妙に「いいところ」でアクションパートが挿入されるので、ストレスを溜めないためにも、一度高速スキップでノベルパートを飛ばしてアクションパートをクリアしてから、おまけモードでノベルだけ楽しむことをおすすめします。
「俺はエロいシーンが見たいんだー!!」と脳内で叫びながらプレイするとちょっと盛り上がります。(笑)

フェチ、というタイトルだけあって、肌や下着の塗りが半端じゃなくリアルでエロいです。
枚数はそれほど多くは無いですが、とてつもない美麗さ&エロさと800円という値段を考えると十分すぎるほどです。
ボイスは綺麗な声で良かったんですが、キャラクターにはちょっと合ってないように感じました。見た目の割には大人っぽ過ぎるというか…。

800円という驚異的な安価なので、キャラクターデザインとシチュエーションが気に入ったのなら、他のゲームを買うついでにでも買って損は無いと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

お手軽な

2007年06月26日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

ストーリー自体は短くサクサク進みます。
ミニゲームも難易度を変更できるためアクションゲームが苦手な私も簡単にクリアできました。
値段の割にエッチシーンは濃いとおもいます。
裏の記憶という割には陵辱色は薄いので陵辱が苦手という人でもプレイできるかと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]