美少女ゲーム > U・Me SOFT > フェチ2 表の記憶 ~秋山咲夜編~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2006年11月03日
シナリオ 首藤頼多
イラスト 金目鯛ぴんく
音楽 BJ-AKI
その他 河原徹拡(演出)
年齢指定
作品形式
アクション / フェチ系アクションノベル
その他
ジャンル

作品内容

【あらすじ】

主人公・諏訪吉雪(名前変更可能)は全国ネットTV局『北半球テレビ』の人気プロデューサーである。
新社屋への移転を控え、まもなく取り壊される旧社屋を歩き回りながら、ここで過ごした日々を思い出す諏訪。
駆け出しのAD修行、難問山積みだったディレクター時代、地位と責任のプロデューサー稼業。
そして当時付き合っていた女性の、面影。
紫煙に霞む涙。笑顔の陰の涙。
顔も見ずに伝えた、別れの言葉。
裂いた絆、裂かれた絆。
何もかも、取り戻せない過去の残り香。
思い出へ変えざるを得なかった、記憶。
煙草を燻らせながら、諏訪はひとときの回想に沈んでいく。
甘く、また苦い、追憶。


【登場人物】

●秋山 咲夜(あきやま さくや)/芸名:SAKUYA

〈データ〉
身長 :173
B :120(Q)
W :60
H :87
誕生日 :6月4日(双子座)
血液型 :B型
趣味 :エッチ、手品

〈プロフィール〉
売り出し中の巨乳タレント、グラビアアイドル。
スタイルは抜群(120cmQカップ!)で、男性ファンからの支持は絶大。
最近、売れていることを鼻にかけ態度がでかくなり、業界人からは嫌われている。
肌の露出や、水着の仕事を減らすなど、『巨乳タレント』からの脱却を図っている。
が、喋りや演技が取り立てて上手いわけでもないので、そのうち消えていくだろうと見られている。
基本的に不精で、楽して生きていきたい、その場だけ楽しければいい、という性分。
一方、異性関係では情熱的な面もあり、惚れ込むと一途。
性欲は旺盛、テクニックも達者。
手先は器用で、料理もやれば上手だが、あまりやらない。
特技は昔の彼氏に教わった手品。もっとも、滅多に人に見せることはない。

〈物語〉
番組収録中、勘違いして傲慢に振舞う咲夜を一喝する主人公。
しかし叱られたことで彼女は感動し、一転して健気に惚れ込んで来る。
ラブラブな愛欲の日々が続くが、やがて破綻が訪れる……。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001919
ファイル名/ファイル容量
VJ001919.zip / 151.64MB (159008407Byte)
CPU
PentiumII 233MHz以上 / PentiumII 400MHz 以上
メモリ
128MB / 256MB以上
VIDEO
2MB / 4MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX7.0a以上
その他
DirectSound対応

フェチ2 表の記憶 ~秋山咲夜編~の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「フェチ2 表の記憶 ~秋山咲夜編~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

おっぱい(2)

デレ度が高い

2009年04月14日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

ミニゲームは地味に難易度が高く、要所要所でやるためテンポが悪くなりがちですが、その分ヒロインがデレ度の高いツンデレで苦労もひとしおだったりしますね。リーズナブルで絵も綺麗だし、オッパイとコンセプトがはっきりしているのでそこそこ楽しめます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ミニゲームが…

2007年07月10日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

地味に難易度の高いミニゲームにいらいらする(笑)
シナリオ自体は短いのですぐに終わるのですが、間に入ってくるミニゲームのせいで進行が滞る滞る。
ミニゲームオフとかあればよかったのに……。
価格が価格ですので、金目鯛ぴんく氏の絵が好みなら買ってみるのもありだと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]