美少女ゲーム > CDPA > silhouette

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 CDPAフォローする
販売日 2007年01月26日
シナリオ MOONZERO
イラスト MILKCOW
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 不思議な女の子が贈る純愛アドベンチャー
その他
ジャンル
  • この作品は「Buddyシリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ Buddyについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

‐意識の壁‐
それは前に進もうとする者をさえぎる魔物……

柴野浩輔(しのこうすけ)は、私立美琴学園に在学中の少年。
幼い頃事故で両親を失った為、今は姉の「柴野 佳純」が唯一の家族。
いつも浩輔を支えてくれる「大切な人」。
浩輔にとってただ一人の心を許せる「大切な人」。
両親を亡くした過去の痛手で、大切なものは突然無くなるものと恐れ、
それがトラウマとなり、「大切なもの」を未だに作れずにいる。
そのため人を近付けない雰囲気があり、
クラスの中でも「氷の魔王」と呼ばれ浮いた存在である。
そんな浩輔の心の中に、幼い時出会った1人の少女がいる。
両親が死んだ日に出会った名前も知らない少女。今でもふとした時に思い出す……

いつもと変らぬ冬のある日……少年は少女と再会する事になるのだった。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001914
ファイル名/ファイル容量
VJ001914.exe / 768.46MB (805786199Byte)
CPU
PentiumII 300MHz以上 / PentiumIII 500MHz以上
メモリ
128MB 以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX7.0以上
ソフ倫受理番号
受理番号0001057D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0001057D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「silhouette」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

年上ヒロイン

2016年10月14日  

このレビューは参考になった×1人

半数以上のヒロインが年上。先輩、担任に加えて、担任より年上の未亡人という色物ヒロインまでいた。
お互いに初恋ではないので、心理の変化を楽しめた。
終盤は怒濤の展開に圧倒された。意外な部分が伏線になっており驚かされた。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!silhouette

2007年07月17日   投稿数 : 8位

このレビューは参考になった×1人

大切な人をつくるから悲しむのだと、大切な人は自分から離れてゆくから独りでいようと決意する主人公と少女の出会いから始まるこのお話は、軽快に読ませながら、真っ直ぐにメッセージを伝えてくる強さを持っています。シナリオのよさが光る良作だと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

声アリだったらなぁ…

2007年07月10日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×1人

ある程度プレイしたところで『主人公、ネガティヴシンキング過ぎ』という印象がありました。ちなみに序盤で麻弥からのバレンタインチョコを突っ返すという行為に及び、クラスの男子生徒の一部から恨まれる事も…。
このゲームは、麻弥のシナリオが主軸になっていて、途中の選択肢が他のヒロインのルートへの分かれ道という作りになっています。選択肢で必ずセーブする癖を付ければ、コンプも楽です。
僕的には『声があればもっと評価は高いのに』という感じでした。惜しいです…。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]