美少女ゲーム > ilex > 女王様と小悪魔 [7対応版]

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 ilexフォローする
販売日 2006年10月20日
イラスト 虎向ひゅうら
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / ドタバタコメディーアドベンチャー
その他
ジャンル
  • この作品は「Buddyシリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ Buddyについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

???どうして、こんな事になったんだろう???

僕の名前は吾郎、母さんは幼い頃に亡くなって、父さんと2人暮らしだった。
そう、過去形。
別に父さんまで死んじゃった訳じゃない。
そこまで不幸な星の下には生まれてない……と思う。

僕の父さんは学者をしていて、この間の研究が認められて
ケンブリッド大学に客員として招かれているんだ。
おかげで僕は独り日本に残っているんだけど……日本に残ったのは、
なんとなく莉奈ちゃんと離れづらかったからかな?

莉奈ちゃんは、僕の幼なじみでお隣に住んでいる娘の事。
幼稚園からずーっと同じクラスだったりして……これは運命みたいなものか?と感じ始めていた。
でも、莉奈ちゃんはちっとも彼女って感じじゃない。
どっちかというといじめっ子だ。彼女はとにかく怒りっぽくてすぐにゲンコツがでるし、
両親が不在の僕に「ついでにわたしのお弁当も作って♪」なんて言い出してるし……

そんなある日、英国に出張中の父さんから手紙が来た。
父さんが向こうの大学で親しくなった教授が、来日すると言う。
その人は日本人なんだけど、生まれてこの方ほとんど
英国で過ごしているので、こっちに知り合いがいないらしい。
で、どうせ僕しかいないんだからと、来日中はうちに住んで貰うことになったと言う。
教授と言ってもかなり若い人らしく、僕はちょっと安心した。
以前から頼りになるお兄さんが居たら良いな〜って、思ってたんだ。

しかし……予定日に我が家へ現れた「教授」は、なんと綾(あや)さんという女の人!? ……聞いてないよぉ!?
一緒に出迎えた莉奈ちゃんにも睨まれるし(彼女は「いい男だったら口説いちゃお♪」とか言ってたのだ)。
すると、綾さんは僕が父さんの息子だと認識するやいなや、いきなりぎゅ〜っと抱きついた!?
お、欧米式の挨拶だよね? これ!? しかし、ルージュの跡の残るキスを僕の顔中にすると、
彼女は僕に「着替えを手伝ってくれ」とか「一緒に風呂に入って身体を洗ってくれ」って!?
「自慢ではないが、ワタシに生活能力はない!」なんて威張ってるし……これじゃまるでどこかの国の女王様だよ……
でも、彼女はとびきりの美人だし、オマケに滅茶苦茶プロポーションも良い。
正直嬉しい事は嬉しいけど……なにより怖いのは莉奈ちゃんの刺すような視線だ。
綾さんに向かって「年増!」とか対抗心むき出しだし、喧嘩を売られた綾さんもふふんと笑うと、
莉奈ちゃん自身もちょっと気にしている幼児体型をズバズバ指摘するし……もう滅茶苦茶だよぉ!?
おまけに綾さんは僕たちの学校を聞き出すと、元ケンブリッド大学教授の肩書きを使って、
あっさり僕らの学校の教員になってしまった。ぼ、僕の唯一の休息の場所がぁぁぁ!?

それからというもの、莉奈ちゃんはなにかと理由を付けては僕の家に夕食を食べに来るし、
お風呂まで入ってゆくようになった。
なんというか……曖昧だった莉奈ちゃんの僕への態度が、ロコツに急接近した感じだ。
しかし……それはふたりの女の子に挟まれて、僕が嬉し恥ずかしい目に遭うと言うことでもあったりして……。
こうして僕は、とびきり可愛らしく魅力的な女王様と小悪魔の二人と、一つ屋根の下で翻弄され続けてる。

???どうして、こんな事になったんだろう???

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001912
ファイル名/ファイル容量
VJ001912.exe / 239.93MB (251580983Byte)
CPU
PentiumII 300MHz以上 / PentiumIII 500MHz以上
メモリ
128MB 以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX7.0以上
ソフ倫受理番号
受理番号0003840D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003840D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「女王様と小悪魔 [7対応版]」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

年上(2) 日常/生活(2) 幼なじみ(2) 学校/学園(2)

ヘルあんどヘヴン?

2007年08月02日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

気の強い年上のお姉さんとワガママな幼馴染の女の子にはさまれて右往左往する主人公が哀れに思えてくるラブコメです
言ってしまえばツンデレものですが「ツン」がハンパない!
ツンツンツンツンツンデレくらいです
もう少しデレてくれてもよかったような気もします

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!板挟み…

2007年07月06日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×0人

気の強い女性2人の間で板挟みになるのって、結構ツライですよね。しかも、家だけじゃなく、シナリオが進むと学校でも同じ状況になりますから、まさに『安らぎの場は無いのか!?』といった感じです。でも、視点を変えてみると、ヒロイン達は心の底では主人公に実は“甘えている”のかもしれません。
このゲームではバッドエンドが存在し、到達すると“アノ展開”が待ち受けています!CG回収のためには1度は到達しなければならないのがツライ所です。
基本的に受け体質の方ならば楽しんでプレイ出来ると思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]