美少女ゲーム > D.O. > 永劫回帰 [7対応版]

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 D.O.フォローする
販売日 2006年11月03日
シナリオ LONE GUY
イラスト INO
声優 上戸琉 / 宮本愛 / 浅野麻理亜 / 篠原佳音 / 北都南 / 保波凜 / 永倉仁八 / 古畑信
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 伝奇サスペンスアドベンチャー
その他
ジャンル
  • この作品は「Buddyシリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ Buddyについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

「葛城 哲雄(かつらぎてつお)は血縁のない姉である悠里(ゆうり)と、その妹で寝たきりの美少女、
雛乃(ひなの)の姉妹二人と3人暮らしという家庭環境で暮らしている少年。
唯一の血縁だった母はずっと昔に死んでおり、以来三人で生きてきた。

悠里は語学力に秀でており、その能力を生かして自宅で翻訳の仕事をして生計を立てる一家の大黒柱。
雛乃は哲雄が物心をついたときから寝たきりで意識がない。
なんの病気かは医者にも分からないが、植物人間とは違うらしく、彼女は美しい人形のようにずっとベッドに横たわっている。
哲雄と悠里の二人は彼女の世話をしながらそれなりに普通の日常を送っている。

哲雄には二人の幼馴染がいる。一人は右隣の花屋の娘、いづみ。
友達以上恋人未満の関係をずっと続けている元気少女で、哲雄の部屋とは窓を伝って行き来できる部屋に住んでいる。
もう一人は左隣に住んでいる本屋の息子で、小太りだが気のいいオタク青年、征司(ただし)。
3人はいつも仲良く過ごしていた。

彼らの暮らす街に猟奇な出来事が起こる所から物語は始まる。
それはバラバラ連続殺人事件。巨大な刃物で人が何人も殺される事件だった。
それらの事件は偶然のように哲雄が直前までいた場所で起こっており、気味悪がりつつも自分とは無関係だと信じている哲雄。
ただ、悠里だけは微妙に不安がり、哲雄の身を案じるのだった。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001898
ファイル名/ファイル容量
VJ001898.exe / 522.58MB (547969811Byte)
CPU
PentiumII 300MHz以上 / PentiumIII 500MHz以上
メモリ
128MB 以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX7.0以上
ソフ倫受理番号
受理番号0003755D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003755D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「永劫回帰 [7対応版]」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!Change the Destiny!!

2007年06月29日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×1人

ゲーム全体の印象としては、初めてプレイする時は、世界全体が複雑に絡まり合った鎖の集合体であるという感じです。一つずつシナリオを終えてエンドを迎える度に、運命を変えるきっかけが現れるという、珍しい形式のゲーム展開です。
狂わされた全ての運命を変えるには、何度も最初からのプレイを要するため、手間は掛かりますが、解き終えた時の感動はひとしおでした。
また、トラヴュランス作品の主題歌担当で有名な齋藤紀子さんがこの作品の主題歌も歌ってますが、トラヴュランス作品でのまったりほのぼの系な歌声とは一味違った力強い歌声を聴かせてくれました。
全体的にオススメしたい逸品ではありますが、この作品には僅かながら“血の惨劇”的な描画が含まれるため、そういった描画が苦手な方は止めた方がいいかもしれません。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]