({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
ブランド名 D.O.フォローする
販売日 2007年01月26日
シナリオ 水無神知宏
イラスト 紫川弓夜
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 学園生活アドベンチャー
その他
ジャンル
  • この作品は「Buddyシリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ Buddyについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

●ストーリー

卒業式を間近に控え、涼の脳裏に蘇る学園生活と、それを彩ってくれた様々な人々……
新入生の頃、強引に文芸部に引きずり込んだ「柳楽歌穂」。
歌穂の後輩で、自分を好きになってくれた「芦原杏子」。
いつも、誰と一緒にいても、ずっと一人ぼっちだった「音羽優佳」。
昼寝用のベッドを空けておいてくれた保健医の「紫藤香織」。
そして……
両親がいなくなってから、必死に自分を守ってくれた姉、「あやめ」。
それぞれの想いと確かな記憶が、永遠の時間を綴っていく……


「Crescendo〜永遠だと思っていたあの頃〜Full Voice Version」は
マルチエンディングのノベルアドベンチャーゲームです。

誰しも、この時が永遠に続くのではないか、いや続いて欲しいと願うことがあるでしょう。
しかし何時かはその時にも終わりがやってくる……誰もが経験する出会いそして別れ。

卒業を間近に控えた主人公は残り少ない学園時間をどのように過ごすのか……?

回想シーンをふんだんに用いた、キャラクターの心情を深く表現した秀逸なシナリオ……
そしてマルチエンディングシステムの採用により、誰もが郷愁に浸れるような、
青春時代特有の甘く切ないラブストーリーの世界を演出。

どうぞ、この風の調べのような物語を奏でてみてください。

作品情報/動作環境

ファイル容量
708.2MB
CPU
PentiumII 300MHz以上 / PentiumIII 500MHz以上
メモリ
128MB 以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX7.0以上
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0003770D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「Crescendo~永遠だと思っていたあの頃~Full Voice Version [7対応版]」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

義姉(2) 保健医(2) 学校/学園(2)
おすすめ!切ない…

2007年06月26日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×2人

止まない雨が無いように、明けない夜は無いように、楽しく過ごす時にもいつか終わりはやって来る。この作品は、卒業間際の残り少なく切ない時間を上手く具現化していると感じました。
また、シナリオの中には、あの[加奈〜いもうと〜]とデジャヴするようなものもあり、それが一層切なさを掻き立てています。
どのヒロインのシナリオにおいても、主人公・涼が現実を変えようとする直向きさと、場合によってはそれを後押ししてくれる周りの人達の絆を随所に感じられました。
過去に大切なものを置き去りにしてきた方々にプレイしてほしい作品です。一瞬一瞬の大切さが改めて認識できます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!姉ゲーの古典

2007年06月26日   投稿数 : 6位

このレビューは参考になった×4人

レビュアーが選んだジャンル :

D.O. の傑作。姉ゲーの古典的存在だが、姉に特化しているわけではない。
ややもするとペダンティックな描法にたよりがちなノヴェルものだが、本作はそんなことはなく、平易な言葉で、主人公の心が解きほぐされていく。文化系サークルが舞台というところも、共感をもつ人が多いかもしれない。
卒業目前。いろいろきまってしまって、べつになにもしないでいてもいい。だが、なにかをするのなら、これが最後の時なのだ。終わりを告げようとしているもののなかで、あなたはなにをするだろうか。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]