美少女ゲーム > D.O. > としあき [7対応版]

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 D.O.フォローする
販売日 2006年11月10日
シナリオ 北側寒囲
イラスト ことぶきはじめ / ぺこ
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / ノスタルジック学園恋愛アドベンチャーゲーム・サイドストーリー
その他
ジャンル
  • この作品は「Buddyシリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ Buddyについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

世の中には、二種類の人間が存在する。
オタクと、そうでない者と。
無論、俺は前者である。
他の追随を許さぬ、鋭い観察眼——
狙った獲物は(予算と在庫が許す限り)逃がさない。
オフセット本よりも、コピー本。
WMVより、DivX派。
2クール分きっちり、OPテーマもEDテーマも逃さずに見る。
もちろん、スタッフロールも頭に叩き込む。
それが、俺——
吉岡利明。
インドアの似合う、ちょっとシャイなあんちくしょうさ……

利 明:「で!」

ぱんぱかぱ〜ん!

祝! 松川大島インターネット開通!!

利 明:「この日を、どれだけ待ち望んでいたことか……」
利 明:「これで俺様も、サイバーな世界の一住民になった訳ですよ」

まずは、ブラウザを……ぽちっとな。

みょんっ。

うお!? 立ち上がった!?

利 明:「感無量……」

もう、役場まで足を伸ばして、ネット体験コーナーを活用しなくてもいいんだ。
俺は手に入れたんだね、俺だけのインターネッツを。
さようなら、昔の俺。そしてようこそ、今日からの俺。

説明しよう。
ここは、松川大島——
正確には『香川県松川郡大島』と呼称する。
……が、ほとんどの人は、松川大島と呼ぶ。
人口は数千人程度。主な産業はミカン農業とソーメン作り。
漁業も盛んらしいが、俺は全く興味が無い。

一応、それなりに繁華街はある。
生活に必要な物は、たいてい、ここで揃う。
ゲーセンもある。1ゲームで50円。安い。

島には、色々な言い伝えや、伝説もあったりする。
その辺は、詳しく語ってもしょーがないので、省く。
いや、マジでそんな大したモンじゃないから。
興味のある人は、松川大島まで観光に来てくれ。そしてウチに泊まれ。

そう、ウチは旅館を経営している。
……いつか俺が乗っ取って、コスプレ旅館に変えてやるツモリだ。

『海道』の名脇役、利明が主役のサイドストーリー。
筋金入りのオタク、利明がひょんな事から抱いた恋心。
利明は、この恋を成就させる事が出来るのか?

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001895
ファイル名/ファイル容量
VJ001895.exe / 209.42MB (219595246Byte)
CPU
PentiumII 300MHz以上 / PentiumIII 500MHz以上
メモリ
128MB 以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX7.0以上
ソフ倫受理番号
受理番号0003791D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003791D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「としあき [7対応版]」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!としあき

2007年11月13日   投稿数 : 9位

このレビューは参考になった×1人

『海道』のキャラ立ちすぎな名脇役「としあき」を主役にしたアドベンチャーゲーム。
サイドストーリーというだけあってプレイ時間は短いですが、としあきの言動の面白さ、値段の割には豊富なイベントグラフィック&選択肢と、わりと満足のいく内容でした。
おそらく本編の『海道』をプレイしておいたほうがより楽しめると思いますが、『海道』の雰囲気を見るためのお試しとしての購入や、気軽にプレイできるアドベンチャーを求めての購入という形でも十分楽しめると思います。
(ちなみに自分は本作『としあき』をプレイして本編に興味が沸き、『海道』を購入しました。)

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]