美少女ゲーム > DISCOVERY > モノグラフ ~遠い約束~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 DISCOVERYフォローする
販売日 2006年10月13日
シナリオ ひなた那由多
イラスト サクライユウイチ
声優 須本綾奈 / 児玉さとみ / 北都南 / 彩世ゆう / 緒田マリ / 長崎みなみ / 海原エレナ
音楽 中村康隆
その他OPテーマ:『遠い日の約束』/EDテーマ:『やさしい時間(とき)』 唄:海原エレナ
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / もののけ系学園ラブコメアドベンチャー
その他
ジャンル

作品内容

一祭和也(主人公)は、退魔術の名門・一祭流の正統な後継者として、その将来を嘱望されていた。
しかし、いつの頃からか、その退魔師としての力が失われ、幼い頃の記憶も失ってしまったことから
、父親に勘当同然で一祭家を放逐され、親戚筋の五法家に厄介になっていた。
元来、お気楽な性格の和也は、辛い退魔の修行から解放されたとことを素直に喜び、五法家の従姉妹達や、
風変わりなクラスメイトらに囲まれ、平穏無事な新しい人生を歩みだすのだったが……。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001878
ファイル名/ファイル容量
VJ001878.zip / 730.94MB (766441400Byte)
CPU
PentiumII 233MHz以上 / PentiumII 350MHz以上
メモリ
128MB / 192MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX8.0以上
ソフ倫受理番号
受理番号0001064D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0001064D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「モノグラフ ~遠い約束~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

ピックアップ

おすすめ!もののけを退治しない『退魔師』

2007年06月25日  

このレビューは参考になった×6人

ヒロインの多くがさまざまなモノの化身たる『もののけ』であり、主人公は本来それらもののけを退治すべき『退魔師』である。しかし本作のシナリオは
『主人公が退魔師の力を駆使してもののけヒロインを退治し、ついでにH』といった、妖怪ヒロインものによくあるパターンを採ってはいない。それは彼女たちが基本的に人間に敵対せず、逆に人間社会に溶け込み静かに暮らして生きたいと望み、また主人公もそうした無害なもののけを無闇に攻撃する事に疑問を抱いているから。
 ヒロイン達はそれぞれに重いものを背負っている。周囲に正体を知られる事を恐れる者、不老不滅の存在ゆえに常に孤独であらざるを得ない者、逆に力の源たるモノの消失によって、記憶さえ残さずに消滅する運命をたどる者…。それらはもちろん、彼女たちが人ならざるものであるが故のものだが、形・理由は違えども、悩み苦しむ姿は人間と同じで、レビュアーにとって深く共感できるものだった。世間的には、売り上げもユーザー内での評価も芳しくないと聞いているが、この拙文を見て少しでも興味を持ってもらえたら幸いだ。悪人の存在しない優しい世界は、きっとプレイした人の心を暖かくしてくれるだろう。

 最後に補足を。本作には正真正銘の人間ヒロインも2人登場する。それぞれ
『幼い頃から主人公を想い続けて来た幼馴染み』
『実の兄妹同然に育ってきた年下の従妹』という、他のタイトルならばメインを張れたであろう強力な設定のキャラなのだが、本作においてはサブヒロインの域を出ず、シナリオ的にも物語の核心に迫るようなものではなかった。その点が少し残念ではある。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]