美少女ゲーム > West Vision > 幼辱 ~天使達の檻~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2006年11月14日
シナリオ 西矢沙広
イラスト 丹下 ゲンタ
声優 平野響子 / 未来羽
音楽 M.C TOM
その他 樋館 誠(演出)
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 微少女監禁凌辱調教アドベンチャー
その他
ジャンル

作品内容

■■ストーリー■■

主人公はずっと昔から一人で生きてきた。

学生時代に母親が病死し、父がすぐに連れてきた再婚相手と上手くいかなかったからだ。

最愛の家族、祭里と離れ離れとなり、独りで生きていく日々は辛かった。
たまに祭里が会いに来てくれる時だけが、かつての幸福な家族生活を思い出させてくれた。

自分を、家族を壊した父親に対する恨み。
土足で家庭に踏み込み、祭里と自分を引き離した継母への憎しみ。
彼らへの憎悪は、年月を追う毎に深く、暗く心に沈殿(ちんでん)してゆく。

そんなある日、祭里から切迫した連絡が届く。
父親が借金を残して蒸発したというのだ。

借金の取立ては厳しく、身の危険を感じた祭里は、主人公の元に身を寄せることになる。

思いがけず訪れた、家族を取り戻すチャンス。
祭里の到着を今か今かと待ちわびていた主人公の元に現れたのは、祭里だけではなかった。

——そう、継母の娘、凛も一緒だったのだ。

愛する祭里が来るのはいい。
だが、自分と祭里を引き離した一端である義妹までもが、自分の下に転がり込んでくるとは!

祭里と凛は本当の姉妹のように仲が良いらしく、引き離すことは出来ない。
しかし、その仲睦まじい様子を見ているだけで、家族との絆が汚されたような気がして、愛憎の狭間で主人公は悩む。

やがて、ふとしたきっかけで積年の恨みが爆発した主人公は凛をひどく犯してしまう。
行く当てのない凛はそれを受け入れるが、主人公は負い目と積年の恨みから彼女に冷たく当たる。

だが、そんな狂った関係が、祭里に勘付かれないはずはなかった……。

■■登場キャラクター■■

■西織 透(にしおり とおる)
主人公

母親が死んでから時間をおかず再婚した父親を許せず、家を飛び出してからずっと独りで生きてきた。
今ではIT関係でそれなりの成功を収めており、収入もかなりのもの。
大きなマンションで一人暮らしをしている。
やや冷たいイメージを人に抱かせることが多いが、これは父親に裏切られた(と本人は信じている)
ため、他人と距離を取る態度をするから。
家族では唯一、祭里を溺愛しているが、次第にその想いは暴走してゆくことになる。

■藤木 祭里(ふじき まつり)

スタイルはお子様。
明るめの性格で、素直に主人公を慕う。というか、やや(かなり?)べったり気味。
義妹とは本当の姉妹のように仲が良いが、少し距離を置かれていることを悲しく思っているフシも。
義母に対しても、あまり反感などは持っていない。
凛を大切に思っているが、主人公と肉体関係を結んだことを知ってからは、複雑な感情を持つ。
主人公には止めて欲しいという感情。
凛には同情を感じる反面、主人公を取られたという僅かな嫉妬を。
それらの想いは、やがて独占欲と愛欲に歪んでいき……。

■藤木 凛(ふじき りん)

スタイルはお子様だが、身長は祭里より高く、体重は少ない痩せ型。
父が再婚した相手の連れ子。
苦労しているのか、少し退廃的な雰囲気を持つ。
(普段は表に出ないが、諦めが早かったり、状況への順応が早い。多くのことに対して受動的)
初期段階で主人公に犯されるが、行く当てのない我が身と、祭里への配慮から、黙ってそれを受け入れた。
祭里に肉体関係を知られてからは、自分こそが祭里と主人公の関係を
修復不能なまでに壊してしまったのだと、恐れおののくことになる。
祭里のことは好きだが、自分と母の所為で主人公が家を出てしまったと思っているため、
どこか後ろめたい感情も持っている。
義父との仲は良好だが、やはり負い目のためか、心からは打ち解けられていない。
自分を『凛』と呼び捨てにしたりと、自分を他人のように扱うようなクセがある。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001875
ファイル名/ファイル容量
VJ001875.zip / 618.5MB (648549083Byte)
CPU
PentiumIII 450MHz以上 / PentiumIII 600MHz以上
メモリ
128MB / 256MB以上
HDD
500MB以上
VIDEO
8MB / 16MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX8.0a以上
ソフ倫受理番号
受理番号0005754D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0005754D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「幼辱 ~天使達の檻~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

憎んでいる義妹へ対する激しい凌辱・調教

2007年07月26日  

このレビューは参考になった×2人

CG的にもいい作品ではあるんですが
ちょっとエンドがほとんど悲惨な最期というのはいただけませんね。
しかしSMなどが好きな人にはお勧めの作品だとは思います
激しい調教ですから純愛を重視する方にはちょっと不向きかも
しれません。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ロリと調教とバッドエンドが多いのを気にしないなら

2007年07月25日  

このレビューは参考になった×2人

目の大きい顔は好き嫌いに別れるでしょうが、プレイの種類は(少しマニアックなものも多いですが)多いといえなくも無いのでロリ好きで好みに合うなら買っても損はしないはず。
ただし凛(黒髪の子)のルートは痛そうなプレイも多く出てくるので(性的な)調教は好きだけど血とかを見るような(性的じゃない)痛そうなプレイは嫌い、と言う方にはあまりお勧めできません。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

報われぬ凛

2007年06月26日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×1人

祭里への偏愛と、凛への憎しみ。相反する感情の狭間で揺れ動く主人公。何とももどかしさを覚えました。
特に凛は痛々しかったですねぇ。怪我した上に凌辱されてしまうワケですから、『報われない』という感じが強かったです。
ただ、シナリオの展開によっては徐々に打ち解け、最後には円満(と言えるかどうかは価値観によりますが)という結末もあるので、その点は僅かながら微笑ましさも感じました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]