美少女ゲーム > 煉瓦舎 > 想い出の還る場所

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 煉瓦舎フォローする
販売日 2007年01月23日
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 心癒されるノスタルジック・アドベンチャー
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

その名前は、はっきりとは覚えていない。ただ、この山奥の木造校舎に不釣合いなパリッとしたワンピースのシャツの襟、
遠くを見るような深くてまっすぐな瞳の色が、近寄りがたい雰囲気を彼女に与えていた。
名字は複雑な漢字なので忘れてしまったが、黒板に書かれた「かのか」という平仮名は印象深く覚えている。
10年経った今でも、はっきり覚えている。全学年をひとつの教室で教えるような、ひどい僻村の分校だった。
教師は校長先生ただひとりだったから、誰とでもすぐ仲良くなれたし、学校なんて遊び場みたいなものだった。
あの頃は、世界の果てといえば山の端だったし、渓流や田んぼが世界のすべてだった。でも、「かのか」だけは違っていた。
毎日、清潔でシックな服を着て登校し、何をしても先生に誉められていた。
だけど、授業が終わると小さな鞄を下げて、さみしそうに小さく笑って手をふって、誰とも打ち解けようとしなかった。
けれど、みんな「かのか」が嫌いじゃなかった。むしろ僕は……あの娘が転校してしまう夏の日に、一生わすれられないものを刻みつけられたはずだった。
ずっと忘れていたけど、同窓生の静香からメールが届いたとき、全てを思い出せると思った。そして、荷物を詰めると、梅雨の明けた都会をあとにした。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001801
ファイル名/ファイル容量
VJ001801.zip / 929.02MB (974145960Byte)
CPU
PentiumII 300MHz 以上
メモリ
128MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX7以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「想い出の還る場所」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件