美少女ゲーム > EX12 > アウトライン

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 EX12フォローする
販売日 2006年12月12日
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 恋愛アドベンチャー
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

「あっちぃ…」
暑い夏の日。
夏休みに大学生のサークル活動の一環として地方に撮影旅行に出た主人公。
撮影先のある駅のプラットホームに、主人公、真一が降り立つところから物語は始まる。
真一の大学での先輩にして、彼が所属している
鉄道サークルの主催者でもある「沖紫」だ。
この撮影旅行も、彼女の企画だった。
今回彼らは、ここを始発とする私鉄を撮りに来たのだった。

目的の電車に乗りこむ主人公達。
電車に乗りこむ寸前、彼らは一人の少女と出会う。
「高ノ瀬瑞穂」と名乗ったその少女は、帰省の為この電車に乗り合わせたという。
その車中。
何かの視線を感じ、真一は、正面の窓に視線を移す。
と、そこには…ポツンと線路に立つ、一人の女性の姿があった。
「!!」
しかし、他の人間は彼女の存在にまったく気付かない様子だった。
が、放っておく訳にもいかない。
慌てて車掌に列車を止めるように伝える真一。
彼らを乗せた電車が急ブレーキを掛ける。
弓道着にその身を包んだその女性は、迫り来る電車に向かってすっと弓を構えると、
「……、…」
何かを呟いた後、躊躇なくソレを弾いた。
そして同時に、電車が彼女を轢いてしまった−かの様に見えた、が。
衝突した瞬間、女性は、まるで霧の様に消え去ってしまう。
「今の…」
「…やっぱり………姉さん…?」
瑞穂のその呟きを、真一は聞き逃さなかった。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001787
ファイル名/ファイル容量
VJ001787.zip / 285.2MB (299050075Byte)
CPU
MMXPentium 233MHz 以上
メモリ
64MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX7以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「アウトライン」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件