美少女ゲーム > BLACK LIGHT > そらをみあげて想うこと

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2006年11月07日
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 純愛アドベンチャー
その他
ジャンル

作品内容

2005年、地球の衛生軌道上に突然、人工天体が飛来した。

いったい何の目的で、誰が作り、どこからやってきたのかなど、一切は不明。
その天体は、立方体をしていることから『キューブ』と呼ばれることになった。
キューブの飛来と時を同じくして、地上では不思議な力を持つ者が次々と現われた。
力は俗に「超能力」と呼ばれるもので、物体に物理的な作用を及ぼしたり、
人の心に感応したりと人によって様々だったが、
その発現にキューブが関係していることは明らかだった。

ただちに調査隊が組織されキューブへと赴いたが、
そこに待っていたのは宇宙開発史上最悪の衛生軌道上での事故という拒絶だった。

そして時は流れて、2015年。

南海の孤島『南津輝島』(みなみつきしま)に設けられた、
キューブと能力を研究するための学研都市。
主人公の木ノ下耕平も、ほかの能力者と同じように「協力」という名目で、
南津輝島の学園に入学した。彼の力は「可能性拡大」。
それは例えるなら、道を進んでいて二股にさしかかったとき、
新たな第三の道(選択肢)を作ってしまうというような、途方もないものだった。
ただし、どんな道ができるかは、能力を発動した本人もわからないという、
いささか厄介なしろものではあったが……。

十数年ぶりに再会した幼なじみの由布木美鶴、
美鶴の友人の榛名 陸、
彼女に憧れる牧野はづき、
はづきの友人の十条寺沙奈、
よき友人の猪熊誠志郎、
クラス担任の兵藤さやか、
訓練教官のタチバナ……。
学園での様々な出会いが、やがて自分たちの能力どころか、
キューブそのものの謎に迫る切っ掛けになることを、耕平はまだ知らない。

すべてを謎に包んだまま、キューブは今も空に浮かんでいる……。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001784
ファイル名/ファイル容量
VJ001784.zip / 913.65MB (958027657Byte)
CPU
PentiumII 300MHz 以上
メモリ
64MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX7以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「そらをみあげて想うこと」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件