美少女ゲーム > キャラメルBOX > めぐり、ひとひら。

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2006年08月29日
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 感動のエモーショナルノベル
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

主人公はごく普通の男の子。人とちょっと違うモノが見えてしまうがゆえ世間から異端の目で見られることも多く、
彼の唯一の救いは妹の「こま」の存在であった。しかし彼女は今はいない…。
主人公を守るため3年前に死んでしまったのである。

彼が人生にちょっと疲れて訪れたひなびた田舎町、そこで出会ったのが古い寂れた「ゆかり神社」の神様
「結乃由姫命(むすびのゆえひめのみこと)」であった。

縁結びの神である「由(ゆえ)」は主人公の願いである妹との再会をかなえるため、
ご神体にこまの魂を封じ込め彼女は再び主人公の前に姿をあらわす。
そこに主人公を兄と慕う許婚や刀の精やメイドの幽霊などおかしなメンバーが自然と集まり、共同で暮らすことになる。
片田舎の寂れた神社で突如訪れたにぎやかな家族のような生活をはじめる主人公…。
あとに訪れるあんな出来事があるとは露とも知らずに…。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001779
ファイル名/ファイル容量
VJ001779.zip / 602.82MB (632103960Byte)
CPU
PentiumII 266MHz 以上
メモリ
64MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX7以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「めぐり、ひとひら。」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

感動(2) 癒し(2) 伝奇(2) 巫女(2)

ピックアップ

おすすめ!キャラメルBOX第二弾は雪の田舎町で深まる純愛伝奇物語

2007年07月03日  

このレビューは参考になった×8人

レビュアーが選んだジャンル :

BLUEに続くキャラメルBOXの第二作です。
全体としてとても美しい作品です。イベント絵、音楽、ストーリーのどれもが美しく、それらが折り重なってまるで純白の雪原のような綺麗な物語を生み出しています。

ヒロインはそれぞれ、
舞台となる神社に祭られる縁結びの女神
3年前に死んだが、神社のご神体に宿って蘇った義理の妹
幼馴染みで主人公を「お兄さま」と慕う許嫁のお嬢様
主人公を主と思って仕えるメイド…と言うか、女中姿の幽霊
神社の裏の滝壺に封じられていた妖刀の化身
の5名となりますが、それぞれ十人十色の性格ながらも皆基本的に良い人で、また主人公をとても慕ってくれています。
特に許嫁である燕子花こりすの主人公への思いは健気を通り越して感動するほどです。

物語の根幹には舞台となる神社及びその地方に伝わる神話伝承があり、それがやがて主人公とヒロインらにも大きく関わってくるのですが、展開や伏線とその回収などに無理な所がなく、すんなりと読み進められます。

伝記物としても純愛物としても良く出来ており、そうしたお話が好きな人にお薦めです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!これからの季節にやってほしい作品

2008年10月22日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

雪の降る季節にぴったりな雰囲気のいい作品だと思います。
通常、雰囲気のいい作品は締まりのないストーリーになってしまうことが
多いですが、このゲームは締めるところはきっちり締めてくれる
メリハリのついた話になっています。

ゲームに登場するCGも美しく、少女が自然に溶け込んだ風景画のように
感じることができるCGもあります。

伝奇モノと聞くと悪い妖怪が出てきて女の子が襲われちゃうという展開を心配される方が
いるかもしれませんが、このゲームは悪役すらかわいい女の子なんで安心してプレイして
もらえると思います。

非常にボリュームのある作品なので集中してプレイできるときにプレイされるのが
よろしいかもしれません。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]