({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2006年09月05日
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 純愛アドベンチャー
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

BLUE は選択肢を選びながら物語を進めてゆくアドベンチャーゲームです。
夢を失った主人公が1ヶ月の期間、様々の女の子達と出会い、
そして触れ合うことで成長していきます。
私立鶴来里学園を舞台とする雨とあじさいに彩られた、ちょっぴり切ない青春ストーリーを体験してください。

作品情報/動作環境

ファイル容量
577.28MB
CPU
PentiumII 266MHz 以上
メモリ
64MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX7以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「BLUE」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

純愛(2) 義妹(2)
とりあえずは楽しめます

2007年07月18日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

キャラクターも話もそこそこ作り込まれているので、買ってやっても損はないかと。
主人公の挫折感は伝わってきますし、ヒロインそれぞれが励まそうとする姿も胸を打ちます。
個人的には義妹はかなり好きなキャラです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

中ぐらいかな

2007年07月17日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

私はこういうのを結構やっているのでちょっと批判的に書くかもしれません。
そこのところ気を付けてください。

ストーリーとしてはいいと思いました。
前向きに生きる主人公の姿が印象的でしたね。
自分としてはウインドウモードがかなり小さいのが少し残念でした。

ロリが好きな方はいいんじゃないでしょうか。
攻略キャラは六人ですが半分が年下、ロリです。

残念だったのは攻略キャラのシナリオが途中までかぶっていること。
一人一人楽しみたかったのですが残念です。
ちょっと文章がくどかったりして気になりました。

純愛系を好きな方には良いんではないでしょうか。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!キャラメルBOXの第一作は青空の下で始まる青春物語

2007年07月03日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

「おとボク」こと「処女はお姉さまに恋してる」で一躍人気を博したキャラメルBOXのデビュー作品です。
一言で言うなら良質な学園青春物。

怪我で引退した元バスケ少年である主人公と、その周りを取り巻くヒロインや友人達との日常や恋愛、また、それらを通して主人公が挫折から立ち直る様を描いています。

主人公はかつて怪我の為に打ち込んでいたバスケを諦め目標を見失いますが、かと言って暗くなったり悲劇ぶったりすることはなく、これから先を前向きに模索しようとしており、そうした主人公の性格に好感が持てます。
また男の友人二人もなかなか良い性格で、時に主人公と一緒に若者らしい馬鹿なことをしたり、時に仲間として主人公の良い助けになってくれます。
もちろんヒロイン達もそれぞれにとても魅力的なキャラクターです。

物語の進行も穏やかで、上述したような主人公の日常生活や心境の様子、ヒロイン達との交流や、お互いの心が近付いていく様子がとても丁寧に描かれており、作品全体にまさしくタイトル「BLUE」のような爽やかな青空の雰囲気が満ちています。
そうしたゆったりほのぼのとした日常・青春ドラマが好きな人にはお薦めです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]