美少女ゲーム > コアモアコ > ちびママ

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2006年10月17日
シナリオ LONE GUY
イラスト 津路参汰
声優 野神奈々 / 神村ひな / 成瀬未亜 / 本山美奈 / 霜月のどか / 笠原准
音楽 礒江俊道 / 大山曜 / 川越好博 / jymbo / 菅谷豊 / 筒井香織
その他OPテーマ:『おひさまに約束』/EDテーマ1:『手を離さないで』/EDテーマ2:『未来・きっと・ずっと!』 唄:いとうかなこ
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 新感覚「ホームラブコメ」アドベンチャー
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

10年ほど前に母親を亡くし、父子家庭で育ってきた主人公。
そんなある夏の日、父親が再婚相手として連れてきた女性
……それは主人公の幼馴染み「ゆきえ」だった。
複雑な思いに心を揺らす主人公の前に突如訪れる
……父の死。

夫の死を受け、ショックに打ちひしがれる、ゆきえ。
そして主人公の前に現われたゆきえ
……その身体は小さく縮み
主人公より年上だったはずの彼女は少女と化していた。

小さな母親「ちびママ」となってしまった、ユキエ。
それでも必死に母親として振舞うユキエだが、
子供に戻ってしまったせいで主人公の周りは大混乱に。
そこへ同級生の奈々が加わり、事態はさらに混沌へ……

ちびママとの奇妙な生活が今始まる!!

『とっても悲しいことあったけど、
ユキエには桂ちゃんがいるから 大丈夫なんです!』

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001772
ファイル名/ファイル容量
VJ001772.zip / 779.04MB
CPU
PentiumII 300MHz 以上
メモリ
32MB / 128MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX7以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ちびママ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

ロリでエロでSFで

2007年07月11日   投稿数 : 4位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

津路参汰氏が原画を担当されている作品。ロリでエロエロな作品。
津路参汰氏の描く女体は非常に可愛らしくエロティック。CGも美しい。
単なる萌え系のエロエロゲームかと思いきや、途中でSF展開になるのには驚いた。
萌えエロゲームとSF展開というミスマッチが楽しい作品。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!近くて遠い、最愛の人…

2007年06月27日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×3人

このゲームには、全部で7通りのエンディング(バッドも含めて)があるのですが、プレイしていて驚いた点は、どのルートに行くかによって、シナリオ背景や隠し設定的なものが全く異なったものになるという点です。知りたい方はぜひDLを!!

初恋の人が父親の再婚相手って、辛いですよねぇ。まさに「近くにいるのに、遠い存在」って感じで。しかし、結婚式当日に父親が急死し、しかもその翌日にゆきえが少女化してしまうという、まるで何かの力が作用しているかのような展開からシナリオが始まります。
ゲームのシステム的には、ゆきえのルートがやや難易度が高めに感じました。
途中の選択肢を誤ると、そこでバッドエンドが確定してしまうトラップポイントらしきものがいくつもありましたから。僕自身も何度も嵌りました。
でも、それだけに二人で困難を乗り越えて結ばれた時は感動モノでした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]