美少女ゲーム > シーズウェア > 偲 月影の迷

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2006年11月14日
イラスト ことみようじ
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / ダンジョンアドベンチャー
その他
ジャンル

作品内容

時はまさに戦国の世の真っ只中。
華やか手柄をたてる武士たちがいる中で、影でそれを支える者たちの存在があった。
それは、”忍び”である。
戦国の世の行方を決定づけてきたのが、忍びの活動によるものといっても
過言ではないかもしれない……。

そんな中、かっては武田信玄にも仕え、
確固たる地位を築き上げようとしていた忍びの一族があった。
華賀一族という。
そして、その活動範囲を広げようとしていた矢先、突然、棟梁が病に伏してしまう。
結果、華賀は急速に勢力を失っていった。
そこに目をつけたのが、華賀に隣接する斉賀の一族であった。
鬼にいぬ間にと、華賀を一気に潰しにかかってきたのである。
斉賀のあの手この手で、男どもはみな斉賀に寝返ってしまう。
しかし、どうすることもできない……。
とうとう棟梁の娘たちだけになってしまう。

そんなある日、華賀にとって致命的な事件が起こる。
巻物が盗まれたのである。
華賀の息の根を完全に止めようとする斉賀の仕業である。
巻物は忍びの一族にとって、命よりも大事なもの。
こうまでされては、もう黙っているわけにはいかなかった。
三姉妹は斉賀を倒し巻物を取り返す決意をする。
……しかし、今の三姉妹の力ではどう考えても勝算はない。
考えたあげく、ある男を呼ぶことに……。
その男は、かって華賀の忍びであり、一時は、華賀を背負って立つとまで言われた腕の持ち主。
斉賀と戦うのにこれほど頼もしい男はいない。
なのだが……。
問題はその男の女癖だった。
そのあまりの素行の悪さから、華賀を破門された男だったのである。
だが、他に方法はなかった。

そして男は戻ってきた。
果たして、三姉妹は斉賀を倒し、巻物を取り返すことができるのだとろうか…。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001758
ファイル名/ファイル容量
VJ001758.zip / 72.08MB (75577282Byte)
CPU
Pentium 133MHz 以上
メモリ
32MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX7以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「偲 月影の迷」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件