美少女ゲーム > シーズウェア > Fugue(#フーガ)~きみとぼくのうた~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2006年11月07日
シナリオ 高木大輔
イラスト 平野彰一
音楽 Mar's Lab
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 純愛アドベンチャー
その他
ジャンル

作品内容

夜の空気に秋の気配が漂い始めたころ、僕はかっての同級生と再会した。
「偶然…だね」
西村双葉。なんとか彼女の名前を思い出す。
次期はずれに転校してきた、たった3ヶ月だけのクラスメート。
僕と彼女はただそれだけの関係だった。

眠れずにいた真夜中。
「こんな時間に何してたの?」
「駅に行きたかったの」
そこにあるのは毎日にように通る見慣れた道。
繰り返す日々は嫌いじゃない。しかし、退屈だ。
「僕も一緒に行っていいかな」
きっかけは何でもよかったのかもしれない。
とまどう彼女を強引に押し切って、僕たちは駅に向かった。

彼女について電車に乗り継ぎ、田舎の駅に着く。
そこから更に歩いて、やっとだどりついた場所。
「ここだよ」
子供のような笑顔。
「ここが、私が来たかった場所」
「学校?」

とっくに廃校になった木造のボロ校舎。
人の居住すらない山の中にポッカリと浮かんだ空白。暖かな時間。日が暮れてゆく。

そして、新しい出会い。

僕はここで何を見つけられるのだろう。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001757
ファイル名/ファイル容量
VJ001757.zip / 181.96MB (190802590Byte)
CPU
Pentium 100MHz 以上
メモリ
32MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX7以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「Fugue(#フーガ)~きみとぼくのうた~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件