美少女ゲーム > シーズウェア > VIST

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2007年01月16日
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / サスペンスアドベンチャー
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

目が覚める───。
視界に初めに入ってきたのは見慣れた光景だった。
静かな目覚め。
けれども決して安らかな目覚めとは言えなかった。
布団を除けて起き上がる。素肌に感じる、まだ冬の名残の肌寒さに震えた。
外の雨は、もう上がっていた。
しかし夜通し降っていた雨が夜気を冷やし明け方まで、
それを引きずったようだった。
ため息が深く重く沈むように思える。
身動きをしなくても全身を何かに包まれたような、
まるで拭いきれない疲れがあるように身体が重く感じた。
自分の微かに白い息を眺めながら神経を集中させて手で脈を取る。
いつもの確認作業。それは必ず、しなければならない習慣だった。
少し弱く感じる脈動が規則正しい事を確認する。
そうしてから、ようやく夢を思い返した。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001753
ファイル名/ファイル容量
VJ001753.zip / 338.87MB (355326104Byte)
CPU
Pentium 133MHz 以上
メモリ
32MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX7以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「VIST」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件