美少女ゲーム > バーサーカー > 機械仕掛けの館

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2006年11月14日
イラスト 岩本幸子
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / アニメーション調教ADV
その他
ジャンル

作品内容

屋敷の入り口にはメイド服を着た大きな瞳の女の子(時田ミナコ)が立っていた。

髪には大きな耳が2つ……首には鈴がぶら下がっていた。
彼女は、このお屋敷の全ての部屋の清掃を彼に依頼した。
時給の他に、毎日の食事と部屋を一つ貸してくれるという条件だ。
確かに良い条件だが、これだけ大きなお屋敷の清掃だとは彼自身
思っても見なかった事だったが、彼女の依頼をふたつ返事で返した。
彼女はその後、細かい注意点やお屋敷の説明をし続けた。
その後、彼はこれから自分の部屋となる空き部屋に案内された。
明日の仕事に備えて、寝る準備をする。
電気を消し、フカフカのベッドの布団にくるまる彼だったが、
その脳裏には、彼女の説明の中にとても気がかりな点を思い出していた……。

『このお屋敷の旦那様はご病気なので、私が全て面倒を見ています。
ですから、2階の真ん中の部屋だけは入らないでください』

『それと、これから貴方様がこのお屋敷で生活する中で、見られた事や体験したことは、
貴方様がこのお屋敷を後にするときには必ず全て忘れてください……』

この屋敷に着たばかりの彼には、それが何を意味するものなのか知る由もなかった。
これから彼の身にふりかかる出来事とは!?彼を雇ったミナコの本当の目的とは…!?
そして、地下でひっそりとたたずむ調教部屋の存在が、今明らかになる!!

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001751
ファイル名/ファイル容量
VJ001751.zip / 285.63MB (299503214Byte)
CPU
PentiumII 350MHz 以上
メモリ
64MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX7以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「機械仕掛けの館」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

エロければそれで良し!

2007年06月25日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

謳い文句と内容がすれ違っている、アニメーションが貧相、システム面が使いにくい、だがエロければそれで良し!
……と納得できれば楽しめる作品です。
声優さんの巧みな演技もあって、エロさだけならかなりの出来ですので、『エロゲーはエロければいい』という方にお勧めします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]