({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2006年08月22日
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / ミステリーアドベンチャー
その他
ジャンル

作品内容

ルベニール、それを手に入れること。それだけで夢の具現だった。

大学生の主人公、御嶋孝一は父親の事故死により人生が一変してしまう。暮らしていたマンションを引き払い、
彼の実家に戻らなければならなくなる。そこは懐かしの我が家。広い日本家屋で孝一の思い出の家でもあった。
だが、そこは孝一の思い出となる家とは大きく異なっていた。孝一の自宅は空家ではなく、下宿となっていたのである。
しかも、そこは入居者全員が女性ばかりという下宿だった。そこに唯一の男性として住まうこととなった孝一。

こうして実家に戻った孝一は、卵z外の生活を始めることになる。そこに居合わす個性溢れる住人たち。
彼女たちとの出会いが、孝一自身の未来さえ変えていく。しかし、この現実は孝一の望むものではなかった。

彼の夢は一冊の本を見つけること。「ルベニール」と呼ばれるその本は存在するかどうかもわからない、謎の稀覯本であった。
それを見つけることこそが、彼の夢。だが、その夢を追うと同時に、孝一は様々な「非現実」の現象に遭遇することになる。
まるで「ルベニール」自体が全ての原因であるかのように…そして「ルベニール」によって引き起こされる運命に、全ての住民が巻き込まれていく。

彼は自らの夢を抱えつつも現実の中に燻り続ける。それでも目の前の現実が未来の行き先を決める。
果たして、孝一はそこで何を望むのか?

作品情報/動作環境

ファイル容量
526.5MB
CPU
PentiumII 233MHz 以上
メモリ
64MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX7以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ルベニール」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件