美少女ゲーム > Guilty+ > 親戚の小母さん~離れの熟女、本家の後妻~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 Guilty+フォローする
販売日 2006年09月15日
シナリオ 有限会社きんかん堂、錆縞亭猫丸
イラスト 紅葉-K
音楽 なまずみかん
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 艶×2熟母ADV
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

▼ストーリー

「小母さんのこと忘れちゃった?
 あなたが小さい頃、よく遊んであげたのよ。
 じゃあ、すこし大人の遊び、小母さんとしましょうか……」


季節は夏休み。舞台は都会から遠く離れた田舎、朝霧村。
主人公はその村にある旧家『朝霧本家』の長男です。

本家といっても、
今はもう分家との煩わしい付き合いもなくなった朝霧家には、
主人公と、仕事に忙しい父親の後妻であり、
主人公の義母となった『花菜絵』のふたりきりで住んでいます。
もともと、大学に勤める主人公の父親の助手をしていた花菜絵。
主人公の家庭教師をしていたこともあった彼女は、
彼の初恋の人でもありました。
そのせいか、彼は自分の母親となってしまい、
何かと口うるさい花菜絵をうまく受け止められません。

「まえは、頼れるお姉さんって感じだったのに……。
 急にガミガミ、お母さん面だもんなぁ」

そんな義母と息子のふたりきりの生活。
時間がゆっくりと過ぎていくような田舎の生活の中でも、
主人公には大きな変化がありました。
最近、オナニーによってすこし遅い精通を迎えたのです。

(先生……花菜絵さん……
 ……ダメだよ、花菜絵さん……義母さんっ!)

そんな折り、家の離れに住むことになった遠縁の小母さん。
過去にいろいろあって東京へ出ていき、
また東京でもいろいろあってこの村に帰ってきた、
謎めいた熟女『鞠子』さん。

「どうも初めまして、朝霧鞠子と申します」

精通を迎え、性的なことに敏感に反応するようになっていた
主人公は、艶やかに熟した小母さんの母性溢れる印象に
その存在を無視することが出来ないようになっていきます。

ある日、主人公が家の庭にある竹林を散歩していると、
不審な水音が耳に入ってきます。
足音を忍ばせて音のする方へ向かうと、そこでは……

浴衣姿の鞠子が井戸の水をたらいに満たし、行水をしていました。透けた浴衣に張り付く乳房……
そして、彼女はすっ……と、白い指先を股間に滑り込ませ、
自ら乳房を揉みだき始めました。
主人公の目はその淫靡な様子に釘付けになり、
目を逸らすことが出来ないばかりか、
熱くなった股間を握りしめてしまうのです。

これをきっかけに主人公の中に生まれる小母さんへの性的な欲求。

彼は、鞠子のことをあまり良く思っていない花菜絵の目を盗んで
鞠子のもとへ……離れに通うようになります。
主人公の気持ちに気づき、大人の余裕で受け止め、
ときに弄びながら主人公を母性と性の虜にしていく鞠子。

「小母さん、僕、小母さんの中に挿れたいんだ……」

鞠子は主人公の本望である童貞喪失
なぜか挿入を許さないものの、まだ青い性と熟れた性は
離れで、神社で、土蔵の中で……
人知れず、確実に溶けあっていくのです。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001680
ファイル名/ファイル容量
VJ001680.zip / 362.02MB (379603253Byte)
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 800MHz以上
メモリ
128MB / 256MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX8.1a以上
ソフ倫受理番号
受理番号0000775D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0000775D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「親戚の小母さん~離れの熟女、本家の後妻~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

年上と母親と。

2011年06月23日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

腋毛スキーなもので、腋毛搭載のエロゲとして購入しました。
ですが……腋毛のON/OFFが可能なゲームであり、それによってテキストやボイスを変えるわけにはいかないからでしょう。腋毛をONにしても、それはあくまで視覚的なものであり、腋毛についてのセリフは存在しません。腋そのものについては腋コキのシーンがあるのですが、そこも腋毛ON/OFFに関わらず同じセリフ。腋毛絡みの淫語を期待していた自分には残念でした。

熟女、母子相姦が好きな方にはオススメですが、腋毛目当ての方は視覚情報でお楽しみください。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!質の高い熟女ゲーム

2009年09月03日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

この作品は、熟女ヒロイン達を若すぎないよう身体の肉付を少しよくして色気を
全面にだすなど熟女を描写の上手い紅葉-K氏の実力を発揮されてます。
シナリオは、主人公が受けになっていますが鞠子と花菜絵の身体にはまり溺れていく
心理状況が上手く表現されていてエロかったですね。
また、サーービスとして腋毛ON/OFF機能がついていたりと低価格作品と
思えない質の高い作品だと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!実母も義母も

2008年09月26日   投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×0人

 この作品の素晴らしいところは、やはり実母と義母の「外見」=「容姿」でしょうか。実母も義母もともに主人公より年上の女性であり、主人公の顔立ちを正確に描写したCGはありませんが、どちらのヒロインも主人公よりも年齢を重ねている〜という印象を受けます。
 さらに実母と義母を比べると、年齢が上である実母のほうがより熟している=やや老けて見えます。老けているといっても、オバサンっぽいとか、くたびれた中年女という印象はなく、「年齢により色気が衰えつつも、しかし同時に年齢を重ねて女性の美しさがある」という絶妙な雰囲気をまとっています。
 主人公は本当に幸せ者ですw

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!熟女の魅力

2007年12月14日   投稿数 : 4位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

熟女を描かせたら右に出る者はいない紅葉-K氏と錆縞亭猫丸氏シナリオ担当作品。
個人的にこのシリーズは全くハズレが無いので安心して購入出来る。
ヒロイン二人とも艶っぽく、熟女好きのポイントを上手くおさえており、ねっとりとした艶っぽいエロさを楽しめる作品。
大人の女性にリードされるプレイが良かった。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!挿入シーンは少ないが秀作

2007年10月30日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

エロエロな謎の小母さんと欲求不満(?)の義理の母親を相手に
童貞の主人公が色々とHなプレイをされちゃうゲームです。
筆おろしはエンディング付近にならないと出ないので
そっち方面のシーンは少なめです。しかし、お口やパイズリ、
足コキ等さまざまなプレイで楽しませてくれます。
絵と音声も問題ない仕上がりです。熟女プレイを楽しもうヽ(´ー`)ノ

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!実の母親と義理の母親

2007年07月27日   投稿数 : 9位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

guiltyさんのゲームなのでグラフィックのエロさは保証済み。
ちょっと垂れてきているおっぱいがたまりません。
キャラクターボイスもなかなか良い感じでした。
主導権は基本的に相手の女性が握っていますので、受身でされるがままが好きという方にオススメです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]