美少女ゲーム > Artel Team Prefab > ヒトカタノオウ ~アカシノクニ~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2006年09月01日
シナリオ 花ツバメ
イラスト ちょちょ / おすぎ
声優 倉田まりや / 桃井いちご / 杞梨 / 越智悠
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 伝奇的ビジュアルノベル
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

それは夏の夜の夢から始まった。

欠けてしまった夢の中で覚えているのは、ほんの僅かな幼い思い。
吊り橋が揺れる対岸で、真白の髪の彼女が寂しげに微笑んだ。
伝えなければいけない言葉を捜しているうちに、ふと目が覚めてしまう儚くも血に塗れた夢。
夢が意味することが何なのか、それすらもわからぬままに、主人公は夏の巡りを夢で知る。
ようようにして思い出せたのは、ミズハという少女の名前。
歪なその夢は、年月を重ねるごとに鮮明になっていた。


何も知らず、何もわからないまま、主人公は日々の日常を生きていた。
屋敷を取り仕切る咲月は相変わらずの様子で愛想もなし。
新しい家族の奈緒は世間知らずで恐いものなしで、少し危なっかしい。
少し普通とズレた、そんな日常の温かさ。


それが、いつまでも続く本当なのだと思っていた。


九天の空に鳴り響く花火の音は、在ったはずの日常の終わりを告げる。
辿り着いた夜の底で、主人公が見る色は誰の色なのか…

人と妖の戦いの最中へと主人公は足を踏み入れた。


森厳な屋敷に帰る。
日常の裏に在ったのは妖を狩る一族の真実の姿。
繋いだ手を抱き続けて、主人公は人と妖の戦いの歴史を知る。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001657
ファイル名/ファイル容量
VJ001657.zip / 286.71MB (300639459Byte)
CPU
PentiumIII 400MHz 以上
メモリ
128MB 以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX7.0以上
ソフ倫受理番号
受理番号0001033D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0001033D)

ヒトカタノオウ ~アカシノクニ~の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ヒトカタノオウ ~アカシノクニ~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

伝奇(2)

ピックアップ

アカシノクニ

2008年04月16日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×5人

レビュアーが選んだジャンル :

知られざる名作です。
〜ヲルノモリ〜の対になる作品になります。
ヲルノモリと比較すると不燃焼的ですが問題ナシです。

作中の雰囲気や絵,音楽ともにあいかわらず良しなのでオススメとしておきます。
もちろんヲルノモリをプレイした方はこちらもプレイしていると思いますが・・まだプレイしていない方は遊んでみてください。


「アカシノクニ」と「ヲルノモリ」が一つになれば最高なんですが・・しょうがないです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

大切な家族の手を握って

2010年01月28日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

既に解散してしまったメーカーの作品。あまり知られていない名作。
難しい伝奇要素を美しく纏め上げた作品であり、伝奇好きにはたまらない完成度を誇ります。
こちらは、プレイしていけば大きく変わるでしょうが、初めはとにかく元気なロリッ子という印象を受ける奈緒サイド。
ヲルノモリに比べて多少消化不良、燃え不足などありますが、それでも十分なクオリティ。
恋愛の前に、家族であること、家族の手を離さないこと、がメインにあります。よって、エロは薄いです。
まあ、それ目的の人はほとんどいないでしょうが。
なお、ミズハが救われなさ過ぎて可哀想と思う方はヲルノモリをやりましょう。
…やっぱり、シナリオ四倍CG二倍にして、二つまとめてフルプライスにするべき作品だったよなあ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!知る人ぞ知る名作

2007年07月18日  

このレビューは参考になった×3人

知名度こそありませんが、ネットでは一部のアダルトゲームユーザーから「ダウンロード作品としては規格外の出来」「難しい伝奇というジャンルに挑戦して成功した稀有な作品」などの高評価を受けている作品です。
 対になった「ヲルノモリ」と「アカシノクニ」、こちらの「アカシノクニ」はロリロリな外見をもつ奈緒を中心とした物語となっています。ストーリー重視の作品ですのでエッチはあまりありませんし、「ヲルノモリ」よりもさらにこちらのほうが薄いですのでエロには期待しないほうが吉。まあこの作品にそういうものを求めること自体お門違いだとも言えますが。
 全体のボリュームはやや短めですが、ストーリー重視の方で少し変わったものをお探しの方はぜひどうぞ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]