美少女ゲーム > ANIMAC > つまつま ここは新妻ぱらだいす ぱーと2

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 ANIMACフォローする
販売日 2006年09月05日
シナリオ 久米一成
イラスト 直紀
声優 西田真一郎 / 如月葵 / 都夢繰豆 / 茶谷やすら
その他 天元亜王(演出) / 原作:DISCOVERY/アニメ制作:スタジオテン
年齢指定
作品形式
動画 / WMV形式アダルトアニメーション
その他
ジャンル

作品内容

新居に引っ越してきた大島優介と妻・晶は入籍は済ませたものの、仕事の都合上、式も旅行も出来ずだったが 晴れて新婚初夜を迎えることに…。
初夜のベッドの中、二人の営みが始められる。

キス、愛撫と順調に進められるが、いざ初めての挿入の時、
優介のいちもつは大暴発!

晶に慰められる優介だったが、二人の初夜は果たせず終いで過ぎてしまう。

翌朝、助監督を務める優介は映画会社に出社する。
しかし、昨夜の一軒を、わがまま監督・七神博士に馬鹿にされるは、女優の三崎温子の着替え姿に呆然とするはで、仕事どころではない。

その日、仕事を終えた優介は温子に公園に誘われる。
 「私のことどこまで知ってる?」訳の分らない優介に、突然キスをする温子。
固まる優介の後ろの植え込みから、その光景を狙うレンズが光っていた。

翌朝のテレビで二人のスクープが報じられている。後ろ姿で顔の出ていない優介は、晶にばれないようそそくさと出社する。
撮影所では、さらに温子に迫られ、遂には最後の一線を越えてしまう。

  温子はなぜ、優介に必要に迫ってきたのか?
   晶との関係はどうなってしまうのか?

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001629
ファイル名/ファイル容量
VJ001629.zip / 213.82MB (224211167Byte)
CPU
Pentium 333MHz 以上
メモリ
128MB 以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
その他
Windows Media Player Ver9以降 / 収録時間:30分
ソフ倫受理番号
受理番号0000823D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0000823D)

つまつま ここは新妻ぱらだいす ぱーと2の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「つまつま ここは新妻ぱらだいす ぱーと2」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

童顔巨乳な新妻!

2007年08月03日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

原作はやったことがないので比較は出来ませんが、なかなか良い出来だと思います。
ぱーと2とありますが、ぱーと1との関連はあまり無いと思いますので、こちらから観ても多分問題無いでしょう。
ストーリーはこの1話で完結と言うこともあり、個人的には得にどうと言うことはありませんでした。(ヒロインはかわいいですね。)
肝心のHシーンでは、尺は短いものの後半はツボ抑えたシーンもあり、なかなか良い動きをしているので、ハードではないものの実用性はあると思います。
(ただ新妻パラダイスとありますが女の子は2人しかいません。)
パッケージやサンプルの絵が気に入れば結構オススメ出来る作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]