美少女ゲーム > BELL-DA > 宴 ~憂いの館~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 BELL-DAフォローする
販売日 2006年08月15日
シナリオ 櫻塚護
イラスト 八月薫
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

作品概要

淫靡な倒錯した洋館に隠された真実を解き明かしていくエロティックミステリーAVG。
プレイヤーは主人公となって、舞台となる洋館を歩き回り、物語のキーとなる未発表の小説「憂いの館の虜人」に関する情報等を集めていく。
そのため、一般的な選択肢タイプのアドベンチャーとは違い、プレイヤーの行動を「移動する」「眠る」「考える」等の一連の
コマンドンによって制御し、ゲームを進行させる。謎解き自体はさほど難しくなく、必要な情報をしっかり集め、文章を読み進めて行けば、自然と謎が解明していく。
はたして、主人公は叔父の残した謎を解き明かし、遺産を相続することが出来るのか?


あらすじ

夏休みを直前に控えたある日、卓也(主人公/名前変更可能)の元に、官能小説家の叔父が失踪したことを知らせる手紙が届く。
その手紙には「未発表の『憂いの館の虜人』を見つけ出した者に、私の残したもの全てを相続させる」という気になる一文があった。
卓也は、旅費も全て負担してもらえることから、叔父所有の小さな孤島に立つ古い洋館——「琥珀館」を訪ね、
その叔父の残した謎解きに挑戦しようと考えた。早速、飛行機と船を乗り継いで、件の洋館に辿り着いた卓也を待っていたのは、
怪しい微笑みをたたえる未亡人、フランス人形のような少女、琥珀館の一切を仕切る麗人ら数々の業を背負った者達だった。
外界から閉ざされた洋館での生活に安らぎさえ感じる卓也だったが、次第に館本来の姿を垣間見ることに……。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001609
ファイル名/ファイル容量
VJ001609.zip / 263.85MB (276667618Byte)
CPU
Pentium 200MHz 以上 / MMXPentium 233MHz 以上
メモリ
64MB / 128MB 以
必要解像度
640*480 ハイカラー
その他
MIDI音源
ソフ倫受理番号
受理番号0001018D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0001018D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「宴 ~憂いの館~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!美しいビジュアル

2011年11月15日  

このレビューは参考になった×0人

孤立した洋館を舞台としたミステリーAVGです。
作品概要にもあるとおり、ゲーム難易度のバランスが良くストレスなく楽しめます。
あらすじはネタバレになりそうなので触れません。
本作には人妻、同性愛者、露出狂、女装少年、フタナリ、M女など多くの人物が登場します。
どの人物もそれぞれの性癖を開発済みなところがポイントです。
主人公は謎解きのため彼らの『日常』を盗み見るとこになります。
登場人物たちのsexシーンはどれも美しく興奮しました。
基本的にSM風のシーンが多くフェチッシュなところも高評価です。
恋人の寝取られシーンもありおいしい作品です。

追記:本作にはシーン回想がありません!!
   こまめにセーブするのを忘れないようにしてください。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]