({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
ブランド名 祭企画フォローする
販売日 2006年05月23日
シナリオ 鴫沢不秀
イラスト チャイニー・スゥ
声優 咲良さく / 長月あげは / ひかり / 阿倉優 / 鉄滝次
音楽 株式会社キューブ / 谷上純三
その他OPテーマ:『Inside of Silence』/EDテーマ:『さざめきに背を向けて』 唄:SATOMI
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 大和撫子凌辱調教アドベンチャー
その他
ジャンル

作品内容

古い日本屋敷の蔵で和服姿の艶やかな大和撫子達を秘薬を使って凌辱調教を繰り返し復讐を成就させていく鬼畜系のAVG。

プレイヤーは、土蔵の中に隠された秘薬、その秘薬の調合方法、そして調教方法を探し出し、ヒロイン達を調教しながら主人公自身と舞台となる我妻家の秘密に迫っていく。
また、秘薬は調合によって、その効果が変化し、多種多様な調教が楽しめる。
主人公と調教されるヒロイン達は、その過酷な調教の過程で、次第に男と女として互いに惹き合うようになっていく。
主人公はそうした愛と復讐の狭間で葛藤するが……。

はたしてアナタは、どんな結末へと主人公を導くのか……!?



■ストーリー

吾妻大輔(主人公)は、地方の郊外にある古く大きな数奇屋造りの屋敷に母と妹のふたりと何不自由のなく暮らしていた。

そんな彼には小学生以前の記憶がなく、医者や家族からは交通事故で大怪我したときの後遺症だと説明を受けているものの、幼い頃の自分が家族らと写っている写真がないことから、そうした不安を打ち消すことが出来なかった。

大学の卒業式を迎えた大輔は、自分の過去を探ろうと土蔵の中に忍び込んだ。
すると、秘密の収納らしき場所から1枚の写真と文書ファイル、瓶詰めの怪しげな粉末を発見。
それらから自分の生い立ちと、本当の家族らが受けた陰惨な仕打ちの数々を知った大輔は、自分をずっと騙していた家族達への復讐を誓う。その方法は……。

作品情報/動作環境

ファイル容量
604.88MB
CPU
PentiumII 366MHz以上 / PentiumIII 600MHz以上
メモリ
96MB(XP:128MB) / 128MB(XP:256MB)
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX9.0以上
その他
ogg
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0000905D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「蔵」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

退廃/背徳/インモラル(2)
ある蔵での出来事

2009年01月19日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

独特のタッチの原画だけどとても親しみやすい感じですぐ好きになりました。
全体的に和のテイストが多く含まれていて、Hでは器具を使ったものや暗く背徳的な描写が多かったです。
ルートはそれぞれのキャラにしっかり用意されておりボリュームが結構ありました。
キャラの体型や性格など個性がしっかり分かれているので沢山楽しめると思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ヒロインの中では佳那穂が好きです

2007年06月25日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×0人

凌辱ゲーとはいえ、調教が進むにつれて双方合意の上の和姦調教に発展して行くといった感じでした。
又、このゲームではどのヒロインのルートに進むかによってコモン・バッド・ラヴ・ハーレムといった感じでエンドが区分されてました。バッドは屈辱的でした…。
蔵の中を探索するシーンでは、効率の良い探索を要求されるので、難易度もそこそこにあります。
凌辱調教派の方だけでなく、和姦調教派の方でも楽しめると思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]