美少女ゲーム > ドラゴンフライ > 暗蜜病棟

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2006年04月18日
年齢指定
作品形式
動画 / ビジュアルノベル
その他
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for Movie」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

検査入院をしていた竹崎は、中庭のベンチで佇む若い女性患者と出会った。
そして、中島陽子という名の彼女と、ちょっとした会話を楽しんだ。
それからというもの、竹崎は、彼女と逢瀬を重ねるようになっていく。

そして、彼女が、この病院に入院した理由が、最愛の彼氏に捨てられ、自殺未遂だったことを知った。
そのとき、彼女は泣きじゃくりながら、竹崎の胸に顔を埋め、そうした傷心の彼女に竹崎は、優しく肩を抱いてやることしか出来なかった。
すると、彼女は、竹崎にお礼がしたいから、夜中に抜け出して、この場所に来てくれないかとせがむ。
躊躇しながらも承諾した竹崎は、その夜、待ち合わせ場所に赴くと、彼女がひとり待っていた。
そして、おもむろに病衣を脱ぎだすと、彼女は「他にお礼の仕方を知らないんです……、それともわたしじゃ嫌ですか……?」。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001481
ファイル名/ファイル容量
VJ001481.zip / 409.88MB (429791510Byte)
CPU
Pentium 333MHz以上
メモリ
128MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
その他
Windows Media Player
ソフ倫受理番号
受理番号0003049D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003049D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「暗蜜病棟」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件