美少女ゲーム > ドラゴンフライ > 性具女責

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2006年04月18日
年齢指定
作品形式
動画 / ビジュアルノベル
その他
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for Movie」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

クラス委員長を務め、学園でも才色兼備で有名な優等生“来美”は、変わった性癖を持っていた。それは「誰かに見られて虐められないと感じない」という「M」的な性癖。そんな彼女と恋仲になった“高橋”は、毎日のように、放課後の保健室で、彼女とセックスを興じるようになっていた。高橋にとって、来美は高嶺の花だった。それが、こうした変態プレイをする関係になるとは夢想だにしていなかった。

今日も、いつもの放課後になった。高橋は、来美の待つ保健室に急いだ。高鳴る胸の鼓動を抑えながら、保健室のドアを叩くと、内側からもノックが返ってきた。それが彼女と、高橋だけの秘密の合図。

「——ごめん、待たせた? 委員長」

ドアを開くと、そこには、クールを装いながらも、これからのプレイに興奮を抑えられない来美が待っていた。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001476
ファイル名/ファイル容量
VJ001476.zip / 303.6MB
CPU
Pentium 333MHz以上
メモリ
128MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
その他
Windows Media Player
ソフ倫受理番号
受理番号0003069D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003069D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「性具女責」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

デジタルノベル・・・

2008年05月29日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

ゲームではありません。アニメビデオでもありません。デジタルノベルですが、文字はでてきません。女性ボイスによるエロ小説の朗読ですね。それに挿絵がついている。
挿絵はなかなかよいです。
朗読、という形式は、好みがわかれると思います。男性部分も女性声の朗読なので、イメージが。。。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]