美少女ゲーム > WINTERS > 感覚の鋭い牙

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 WINTERSフォローする
販売日 2006年04月14日
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

或る夜…一人の宇宙少女が、俺の部屋に舞い降りた。
彼女の唇から、鼻歌が漏れる。星を眺めて、
『るーりらー、るらりるー…』
それを耳にすると、俺はどうしようもなく…
義姉(ねえ)ちゃんとキスがしたくなってしまうんだ…

UFOを一目見ること、宇宙人と遭遇して会話することを強く願う青年がいた。
青年はいつものように、アパートの窓から夜空を眺めた。
サブローは一度でいいから、この目でUFOを見たいと切望した。
けれど、その願いは未だ叶わず。
義理の姉・千鶴と暮らす青年・サブローは、
UFOと宇宙人に情熱を燃やすフリーターだ。
だが、しかし・・ついに或る夜、UFOは飛来する。
中から現れた宇宙少女は、ルルシーと言った。
ルルシーは不可思議な生態をしていた。人間のキスやセックスを
目の当たりにすることで成長していくのだ。
ルルシーは最初、言葉を喋らない。
鼻歌を口ずさみ、サブローと千鶴に聞かせた。
それを耳にした二人は何故か体を火照らせ、キスをしてしまう………

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001450
ファイル名/ファイル容量
VJ001450.zip / 710.03MB (744523643Byte)
CPU
Pentium 200MHz以上
メモリ
64MB以上
HDD
1GB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX7.0以上
ソフ倫受理番号
受理番号0000648D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0000648D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「感覚の鋭い牙」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

全体的にスケールダウンは否めないが、ちゅぱを望むのなら

2007年06月21日   投稿数 : 6位

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

Winters といえば、ちゅぱと相場がきまっているが、このゲームもそうなっている。だが、KISS×シリーズとくらべれば、スケールダウンしてしまうのは否めない。ここにも、いろんなことを判断停止させてしまう奇妙な Winters ワールドがあるが、今回のその奇妙さは、SF ものを採用してますますファンタジーっぷりが加速している。ついていけないと感じる人もいるかもしれない。それでも、ここのちゅぱは、いつものとおりの好調っぷり。望むものはあります。
弟思いが嵩じて、姉が彼女候補にとった行動は必見。姉ゲーとしての一面もあります。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]