美少女ゲーム > ルクス > Sollunea(ソルネア)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

中世ヨーロッパ風の世界を舞台に、血気盛んな戦士の主人公と、個性豊かで魅力的なヒロイン達が織り成すファンタジック・アドベンチャーノベル。

ゲームは選択肢でストーリーが変化し、複数のエンディングへと枝分かれしていくオーソドックスなスタイルのシステムを採用し、誰でもお手軽簡単に楽しめる。

のほほんとした辺境の村、すちゃからで明るい主人公で始まる物語は、前半は、そうした軽い雰囲気そのままに、コミカルなタッチの純愛が描かれる。しかし、選択肢によっては後半、凌辱ルートへと移行し、ハードな展開も……。



■■■あらすじ■■■
事件らしい事件などここ数年起きた事もないような辺境の村に、傷を負ったひとりの男がやってきた。その男の話によれば、女ばかりの盗賊団に街道で襲われ、命からがら逃げてきたというのだ。そして、そのとき仲間の少女が連れ去られてたことも……。そうした争い事に無縁だった村人は、ただただ戸惑うばかり。しかし、血気盛んな若者のひとりが、その少女の救出に名乗りを挙げた。その若者の名はブリッツ・ワールウィンド(主人公)。村一番のトラブルメーカーだが、養父から習った剣技の腕は抜群。養父とともに戦場を駆けたこともあり、戦士としての経験も豊富と、今回の一件を託すにはモッテコイの人物だ。かくして、ブリッツは少女救出のために女ばかりの盗賊団の根城に出発するのだったが……。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001407
ファイル名/ファイル容量
VJ001407.zip / 533.65MB (559569225Byte)
CPU
MMX Pentium 200MMHz以上
メモリ
64MB以上
HDD
700MB以上
必要解像度
640*480 フルカラー
ソフ倫受理番号
受理番号0005744D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0005744D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「Sollunea(ソルネア)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

おっぱい(2) ファンタジー(2)

まさかの展開にびっくり

2013年08月30日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

最初は絵だけを見て購入したのですが、実際にプレイしてみると、一人一人に辛い過去があり、そして出てくる人がみんなつながりがあるという数奇でとても濃い内容で少しばかり
、アニメでも見てるのかと思いました、実際OPもFDもあったし攻略出来るキャラは少ないけどそのぶんキャラに感情移入しやすいいい作品だとおもいます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ライトファンタジー好きなら

2007年07月10日  

このレビューは参考になった×1人

ファンタジー世界を舞台にした、少年漫画のような
さわやかなストーリーが展開する作品。
ただし、あまり壮大なものではないです。個人的にはそれが良いのですけど。
キャラクターの性格に癖がなく、感情移入しやすいです。
それだけにバッドエンドは結構鬱になりましたが。

この作品の魅力は、何と言ってもむらやまたかひろ氏デザインの
キャラクター達でしょう。
どのキャラも明るいタッチで、かつ肉感的に描かれています。
エロシーンもCGが多くて満足できますし、
絵を見て気に入ったら買いだと思いますよ。

攻略対象のキャラクターは少ないですが、その分各キャラのストーリーは
とても掘り下げられており、わりと読み応えもあります。
音楽も世界観にぴったりでなかなか良質。
小粒なライトファンタジーが読みたい、という人にお勧めの作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]