美少女ゲーム > MAIKA > プリンセスムーン ~聖宝石騎士団の受難~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 MAIKAフォローする
販売日 2006年03月31日
シナリオ 実験機八号
イラスト たいらはじめ
声優 吉川華生 / 楠鈴音 / 香津美ひかる
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

女性ながらも軍政略の才華に恵まれた稀代の英雄“レティシア・アルフォンス・オリヴィア”と、みめ麗しい女将軍らで構成された「聖宝石騎士団(セイント・ジュエル・ナイツ)」と渾名される盟友達は、腐敗していた故国クァール王朝を打ち倒し、ウェンデル大陸北部に画期的な新興国を築いた。

大陸列強の王族達は、その新興国家の勢威を恐れていたものの、あるとき、どのような女性であろうと淫らで従順な性奴隷に変えてしまう特殊な技術を極めた「調教師(スナイパー)」という魔性の職業を生業にする者らをもってして、これに抗しようと暗躍を始めた。

かくして、レティシアの腹心である月光石の騎士“アルテミス・ロクサーヌ”公爵が統治するアルシオン公国に闇の刺客が放たれた。アルシオンには、アルテミスのほか、青玉石の騎士“クレア・イリファヌス”、紫水晶の騎士“レイファ・ネイミオン”が任官していた。

はたして、彼女らの運命は……!?

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001405
ファイル名/ファイル容量
VJ001405.zip / 853.95MB (895435897Byte)
CPU
PentiumII 256MHz以上 / PentiumIII 500MHz以上
メモリ
64MB / 128MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
その他
PCM音源
ソフ倫受理番号
受理番号0000854D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0000854D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「プリンセスムーン ~聖宝石騎士団の受難~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

ファンタジー(3) アブノーマル(2) 女王様/お姫様(2)

将を射んとすればなんとやら

2007年07月18日  

このレビューは参考になった×0人

ゲ-ムは狩る者と狩られる者の視点が変わりながら進んで行きます。そして、1人が総ての女性を狩るのではなく、違ったキャラクタ-が色々な手段を用いて狩って行きます。それも、周りの女将軍達を隷属させた後にアルテミスを狩ると云う様になっています。
魅力的な女性を鬼畜のように陵辱して行きます。価格も高くないので陵辱好きの方にオススメです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!薬物、催眠、言葉で

2007年07月02日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

これは、超オススメ品です。
たいらはじめ先生が好きなこともありますが、姫+三人のヒロインをそれぞれの方法で落していくのが、面白かったです。
薬物で肉欲を強くして、言うことを聞かせたり
男に免疫が無いヒロインを言葉巧みに引き込んでアブノーマルに調教したり
じっくりと、催眠をかけていって服従させる
そして、三人のヒロインを落したあと本命の姫を!
といった感じなのですが、姫にたいしては三人がそれぞれの腕をふるって落とそうとするのが楽しめます。
特に私的には催眠術のシーンがすごく面白く感じました。
オススメです!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!たいらワールド

2007年06月25日  

このレビューは参考になった×0人

MAIKA作品はテーマがいつもおいしいのだが、キ一本調子でマンネリ化していく傾向がある。
ただこの作品は上手に階層構造化されていて飽きにくい作りになっているところが◎。
たいらはじめとファンタジー世界というとりあわせもうまくマッチしている。
シーンについてはバリエーションも豊富であり、キャラクターの堕ち方も一本調子になっておらず、それなりに焦らされつつ堕ちて行くあたりが非常に見所。
製品版を買い逃していたので、ここで変えてラッキーだった。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]