美少女ゲーム > MAGI > メイド嗜好~恥辱の館~ 【特典付き】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 MAGIフォローする
販売日 2006年03月03日
シナリオ 新・極天紅 / 長谷焔 / 万季由果乃 / TEAM地獄門 / 悪相麺 / D. KAWAKAMI
イラスト 真木八尋
声優 金田まひる / 緒田マリ / 児玉さとみ / 一色ヒカル
音楽 有限会社サウンドテイル
その他OPテーマ:『More 〜夢の続き〜』 唄:有馬美咲/EDテーマ:『Tears』 唄:上原萌花
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 鬼畜系調教アドベンチャー
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

富豪の息子の忠実な牝犬候補を選ぶべく、良家の女の子達に恥辱と凌辱の限りを尽くしていく鬼畜系の調教AVG。
「メイド率100%」ということから、エッチシーンは全てメイド服着用の半脱ぎ状態で行われ、そのシチュエーションも多彩。また処女幕が破れる音をSE化しているほか、その出血量も増量され、処女喪失の決定的瞬間をしっかり描写。
とにかく、「メイド」、「凌辱」、「調教」、そんでもって「処女」好きの人にはモッテコイの作品なのだ。


■■■ あらすじ ■■■
富豪の息子である主人公は、不治の病により余命幾ばくの父親の跡を一刻も早く引き継ぐために婚約者を選定する事となった。婚約者候補として挙がった女性達は、すべからく主人公の父親に逆らえない良家の娘ばかりだった。何故、そんな女性達から自分の伴侶を選ばなければならないのか憤慨した主人公は、執事を問い詰めたところ、とんでもない答えが返ってきた。
「花嫁を探す? それは勘違いです。いま探しているのは、あなたに忠実なメス犬ですよ」
執事の発言に言葉を失い怒りを露わにする主人公。しかし、そうした思いとは裏腹に、主人公の持って生まれた凌辱者の性質が疼き始めて……。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001391
ファイル名/ファイル容量
VJ001391.zip / 437.7MB (458962346Byte)
CPU
PentiumIII 500M以上
メモリ
256MB以上(XPは512MB以上)
HDD
500MB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX9.0以上
その他
DirectX9対応のサウンドカード
ソフ倫受理番号
受理番号0000763D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0000763D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「メイド嗜好~恥辱の館~ 【特典付き】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

いたいけなメイド達

2007年06月27日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×2人

主人公に辱められ、嬲られ、処女を半ば無理矢理に貫通されても、尚直向きにに仕えるメイド達。健気です…。
 召使でもいいから傍にいたいと自らメイドを志願した幼馴染・七海
 親に売られるような形でやって来た、主人公を「お兄ちゃん」と慕う美羽
 無理矢理送り込まれ、反抗的だが、しっかりした夢を持っている香帆
 一切の素性が謎に包まれている信乃
皆それぞれ個性的でした。
インパクトに残ったのは信乃のシナリオで、何故彼女がここにいるのか、過去に何があったのかが次々に明かされて行き、最後には「へぇーー」と頷いてしまいました。
ヒロイン達については、七海の健気さと、美羽の甘えんぼぶり(&しぃし〜属性)が気に入ってたりします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]