美少女ゲーム > Mercure > THE面接官 [7対応版]

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 Mercureフォローする
販売日 2006年06月02日
イラスト 池田靖宏
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 対面型セクハラアドベンチャー
その他
ジャンル
  • この作品は「Buddyシリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ Buddyについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

会社で営業成績を着実に伸ばしてきた俺は、社長の大抜擢で人事部長に昇進。
仕事始めに社長から、新規採用者の選抜を命じられた俺は、早速仕事に取り掛かった。
大量の履歴書の中から俺好みので有能そうな女達を選び出す。
この女達にはちょっと他の会社とは違う俺流の面接を受けてもらう。
セクハラ面接に奉仕強要面接、そして肉奴隷研修……。
もちろん女達への脅しネタや内定といった餌も用意済みだ。

今の地位を最大限に活かして、俺の黒い欲望を満たす肉奴隷を入社させてやる。

そして俺の目に適った女どもを犯し、凌辱し、汚しつくす……

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001384
ファイル名/ファイル容量
VJ001384.exe / 391.38MB (410393996Byte)
CPU
PentiumII 300MHz以上 / PentiumIII 500MHz以上
メモリ
128MB 以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX7.0以上
ソフ倫受理番号
受理番号0003876D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003876D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「THE面接官 [7対応版]」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

オフィス/職場(2) OL(2)

おすすめ!やりたい放題の面接官

2012年03月13日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

面接を受けに来たヒロイン達に調教&セクハラしまくるゲーム。
ともかく、主人公が何の躊躇もなくやりたい放題なのが笑えます(笑)

攻略対象のヒロインが多く、しかもロリ系、人妻、お嬢様、メガネ等と
かなり壺を抑えたラインナップなのが良かったです。

面接の場と言うエロゲーにしてはレアなシチュエーションで
最初はソフトなセクハラなのが、段々とエスカレートして
ハードな調教プレイにまでいったりする等、色々なHシーンを楽しめます。

OL好きならやって損はないでしょう!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!鬼畜面接官

2007年07月13日   投稿数 : 8位

このレビューは参考になった×0人

凌辱ゲー。プレイヤーは人事部長になって採用面接にやって来る女性たちに好き放題することができる。キャラがとにかく個性的で、エッチシーンもかなり濃厚で、実用性は高い。鬼畜面接官気分を味わい、これまで無かった新しいタイプの陵辱が楽しめる。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!鬼畜度MAX+プチヒント

2007年07月03日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×0人

初めは3人のヒロインが選考対象となり、後から2人が追加される形式になっていますが、よくもまぁ、ものの見事にタイプの違う5人を選考したなぁと思いました。他にも感心したのは、書類選考の時点で「男はいらん!」と割り切ってしまう主人公の思い切りの良さ。更にはそれを褒めてしまう社長・美里もある意味凄かった!
基本的にこの作品は鬼畜ゲーなのですが、主人公の行動次第ではプチ感動シーンも用意されていたりします。チョットだけヒントを明かすと“クリスマス”“最終面接”の2つがキーワードになっています。もしプレイされるならば参考にして下さい。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]