美少女ゲーム > ふぉーちゅん♪ > 黒の図書館 [7対応版]

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2006年06月09日
イラスト mook
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 欲望を写し出し不思議な世界へと誘うストーリーADV
その他
ジャンル
  • この作品は「Buddyシリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ Buddyについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

◆ストーリー

悩める少女達よ…ようこそ……黒の図書館へ……


いつからここにいるのか、わからない。
何のためにここにいるのか───それは少し、わかる。


ここは図書館で、僕は司書だ。
書架の整理、本の貸し出し。
仕事と言えばそういったものだが、訪れる者の少ないこの図書館では、司書の仕事は思ったより少ない。
有り体に言えば、暇、ってことだ。
だから僕は、日がな一日、本を読んでいる。
退屈はしない。本を読んでいるのだから、退屈などはない。
そあら、という名の女の子が、同じ司書としてこの図書館にいる。

彼女もよく本を読んでいて、休憩時間になるとお茶をいれてくれる。
彼女とののんびりとした時間を過ごすのは、苦痛じゃない。
全く苦痛は感じない。


ここは図書館で、僕は司書だ。
僕はこの図書館にいる。
だけど、この図書館がどこにあるのか、それはわからない。
彼女なら───そあらなら、そんなこともわかるのかもしれない。
でも、そんなことは実はどうでも良いと思っている。
おや、珍しくお客さんが来た。
彼女にお薦めの本を捜してあげよう。
これも多分、司書の仕事だろう。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001379
ファイル名/ファイル容量
VJ001379.exe / 554.4MB (581327997Byte)
CPU
PentiumII 300MHz以上 / PentiumIII 500MHz以上
メモリ
128MB 以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX7.0以上
ソフ倫受理番号
受理番号0003806D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003806D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「黒の図書館 [7対応版]」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

おすすめ!Indecent-Dream for you

2007年07月17日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×2人

この図書館に保管されている本は、巷に知られている小説や童話がベースとなっていますが、見事にエロの世界と融合されていると感心する程でした。
ヒロイン達に勧める本の種類と、それらの組み合わせによってエンディングが変化するので、全てのエンディングを見るためにはメモを片手にプレイするのがコンプへの近道と思われます。一色春奈だけ他のヒロイン達と若干設定が異なりますが…。
エッチシーンのバリエーションも豊富で(ダーク系が多いですが)結構楽しめました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

そあらさんが居る図書館なら通い詰める

2007年07月03日  

このレビューは参考になった×1人

舞台となる不思議な図書館と、その司書であるそあらさんの雰囲気が素晴らしく耽美です。

お話自体は、主人公とそあらさんが司書の仕事をしていると、そこへ心の中で密かに何かの悩みを持った少女が訪れ、主人公とそあらさんはその悩みに応じた本を貸し出してあげる。するとその本の内容に沿った、女性を主人公としたHなお話が始まり…と言うのを数人のヒロインについて繰り返す形になっています。

本が好き、読書が好き、図書館の静謐な空気が好きで、かつ物静かな美人と二人でゆったり(時にはHに)過ごしたい、といった人にお勧めです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]