美少女ゲーム > ゼロクール > ジュエルナイツクルセイダーズ [7対応版]

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2006年05月12日
イラスト オノメシン
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / バトル&コメディアドベンチャー
その他
ジャンル
  • この作品は「Buddyシリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ Buddyについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

■ストーリー

街で遭遇したコスプレ少女達のケンカ───。
かと思いきや、どうやらマジな戦闘だったらしい。
闘ってた女の子の1人、めのうが語ったところによると、
古より続く"秘宝"をめぐる「ジュエル」と「ラグナレク」の闘いが、現代でも表社会に出ることなく続いていた。
とのことで、めのうたちはその2大勢力の一つ「ジュエル」の戦士なんだそうだ。
もっとも、普段は普通に暮らしている女の子で、急を告げるときにだけ変身して(これがコスプレ風ってわけだ)闘っているのだそうだ。

で、肝心なのはここからなんだが、めのうは俺に「一緒に戦って」などと言ってきた。
強い奴らと「闘う」ってところは確かに興味津々なんだが、それにしてもタダって言うのはどうだろう?
ことのついでってことで、俺は良い感じの条件を付けてみた。
「お前達の事を好きにさせてもらう」という俺好みの。

するとなんと、渋々ながら承知ときたもんだ。
好きなケンカと女三昧だ。これ以上の条件が他にあろうか? 

しかも、嫌がってる割には期待してる風に感じるのは気のせいなのか……?



戦隊モノのノリでバトルを交えながら進んでいくADV。
ギャグを織り交ぜつつ、戦い&エッチな生活が繰り広げられます。
敵に勝って、勝って勝ちまくって、可愛い仲間達とのエッチな毎日を勝ち取ろう!!

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001375
ファイル名/ファイル容量
VJ001375.exe / 393.45MB (412563542Byte)
CPU
PentiumII 300MHz以上 / PentiumIII 500MHz以上
メモリ
128MB 以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX7.0以上
ソフ倫受理番号
受理番号0003765D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003765D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ジュエルナイツクルセイダーズ [7対応版]」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!ジュエルシルバー・参上!!

2007年07月10日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×2人

序盤でイキナリ鬼畜っぷりを発揮してくれる主人公・銀次ですが、何だかんだ言ってもヒロイン達の為に戦いに協力する姿を見て、義理堅く男気もある一面を見る事が出来ました。
ヒロイン達も、最初は嫌がっていましたが、戦いを重ねるにつれ、徐々に銀次を求めるようになって行きます。また、それによってパワーも補給できるから一石二鳥かも?
シナリオ終盤の方で、かなり痛々しく辛い展開がありますが、必ず最後に愛は勝つ……じゃなくって、正義は必ず勝つ!!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]