美少女ゲーム > トラヴュランス > 朝までいっしょ☆~同棲物語~ [7対応版]

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2006年09月01日
イラスト 志水直隆
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 一つ屋根の下でらぶらぶカップリングアドベンチャー
その他
ジャンル
  • この作品は「Buddyシリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ Buddyについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

★ストーリー

俺は西谷 明夫(にしやあきお)、この春から大学生という身分だ。
と、言っても勉強が大好きって訳ではなく、高校時代に打ち込んでいたサッカーも結局はモノにならず……
正直言って将来自分がなにをしたいのかが判らないと言うのが本音だったりする。
そんな俺は結局進学という道を選んだ。決して高いレベルの学校ではないが、
親父も卒業したというこの学校に進学し、じっくりと将来について考えたかったのだ。
両親はそんな俺の我が儘を許してくれた……基本的にバイトして学費を稼ぐ事が条件ではあったが。

春、俺の新しい生活が始まった! 俺は学校の近所にアパートを探し、古いながらも二間続きの格安の部屋をゲットすると、早速荷物を運び込んだ。
学校も始まり、まだ少ないが新しい友人も出来た。
不安もあるが、あれこれ小言を言う両親も居ない自由な生活! ああ、なんて人生は素晴らしいんだ!!
……などと思っていた俺だったが、実は心残りが無いわけではない……

「マリ姉……」そう、彼女は俺の幼馴染で、2歳年上のいわゆる姉貴分と言った感じの存在だ。
彼女とは家が隣同士だったせいもあり、姉弟のようにして育った仲だ。
彼女は背も高く、スポーツも得意。
人当たりも良く勉強も出来るというまるで才能の固まりみたいな存在で、俺が高校に入学した時には学生会の副会長をしていたほどだ。
もっとも「可愛い」と言うよりは「格好良い」という感じだったので、男共からは一目置かれ、女の子達にラブレターを貰いまくっていたようだが。

当時、親同士は俺とマリ姉を『許嫁にしようか』などと盛り上がっていたが、そんな彼女に俺がアタマが上がる筈もなく、
いつまでも「弟分」という感じだったのも確かだ。
確かに、彼女に姉として以外の感情を持ったこともあったが……今更告白など出来るはずもなく、俺はそんな関係に甘んじていたのだった。
そんなある日マリ姉のお父さんが倒れた。
病状はガン、生花店という家業を営んでいたマリ姉の家は、大黒柱の入院に大きく荒れた。
当然のように進学を考えていた筈のマリ姉だったが、自ら進んで進学を諦め家業を手伝うことを決意した。
そのころの俺がなにも出来なかったのは、いまだに胸の奥に痛みとなって残っている。
そしてマリ姉のお父さんは亡くなり、現在に至るまでに、俺たちの関係も止まってしまったのだ……

だから、今回の俺の上京はマリ姉には内緒だった。
ひとまず落ち着いた数日前、俺はマリ姉に葉書を送り「元気でやっている」とだけ伝えた。

が!?

その晩、マリ姉が押し掛けてきた! なんの予告もなく大荷物を手に…… 彼女は奥の部屋(窓際で広い方だ!?)に陣取ると、
自分の荷物を広げ「今日からここに住む」と言いだしたのだ!? あっけにとられる俺に
「実家の方もだいぶ落ち着いてきたので、社会勉強のためにしばらくフリーターでもすることにした」と言うマリ姉。
「大体、アンタが一人暮らしなんて10年早い」とか「わたしだって一生親元に居るなんて嫌だもん」とか言ってるし……

しかし、俺は内心思っていた。
マリ姉は俺を追いかけてきてくれたのだろうか? と……

そして俺は、そんなマリ姉の手を取った。
恥ずかしそうに頬を染める、彼女の手を……

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001348
ファイル名/ファイル容量
VJ001348.exe / 194.85MB
CPU
PentiumII 300MHz以上 / PentiumIII 500MHz以上
メモリ
128MB 以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX7.0以上
ソフ倫受理番号
受理番号0003763D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003763D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「朝までいっしょ☆~同棲物語~ [7対応版]」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

おすすめ!意地っ張りな姉貴的存在のヒロインが、やがてご奉仕しまくり

2008年09月10日   投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×0人

気が強くて、姉後肌で、主人公のことを弟分か子分のように扱って、常に「自分が上位」という姿勢の言動をとる、2歳年上の幼なじみ。
 しかし本当は主人公に対してラブラブで、後半からはいっぱいご奉仕してくれます。といっても主人公との立場・地位が逆転するというわけではありませんが。朝フェラなどのご奉仕(サービス)や、バイトの衣装である明治・大正浪漫系の和服を着てのSEX、お風呂でのM字開脚の放尿→そしてそのアーチ型を描く尿を主人公が手で受ける! など、楽しみがたくさんです。
 また日常的なシーンでもひざまくらで耳掻きなど、やさしくて従順な奥さんのように振舞うシーンもあります。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ラブラブぶりがすごい・・・。

2007年11月13日  

このレビューは参考になった×0人

憧れていた幼なじみの女性と同棲している上に、ふとしたきっかけからラブラブH三昧の生活に変わっていくところがすごいですね・・・。
普段の凛々しいような姿と朝の寝起きの悪さのギャップがまた楽しいです。
寝ぼけて主人公に抱きつくことも度々・・・・。
ああ、私も主人公の立場だったら・・・。(爆)

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!まったりラブラブな同棲生活(性活?)でした

2007年06月25日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×1人

初めのうちはお姉さんぶっていたマリ姉が、あるイベントをきっかけに主人公への思いをぶちまけ、そこから二人の距離が急接近していくシーンがとても印象的でした。
他にも印象に残った点といえば、真理子の寝ボケっぷりです。でも主人公と一緒に寝るとちゃんと起きられるというから不思議。
あと、この作品には[とってもフェロモン]のヒロイン達が何人か登場しますが、やっぱ久美は罪作りな存在です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]