美少女ゲーム > トラヴュランス > 司書さんといっしょ☆ [7対応版]

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2006年09月15日
イラスト 志水直隆
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 憧れのお姉さんとラブラブ同居ライフアドベンチャー
その他
ジャンル
  • この作品は「Buddyシリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ Buddyについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

僕は孝之(たかゆき)、荒巻学園の3年生だよ。
自分で言うのもなんだけど……ドコにでもいる目立たない学生だと思う。
生まれてこの方彼女が出来た事もないし、趣味と言えば本を読む事くらいで……
おまけに背も低くて童顔だから良く女の子に間違えられる事も多いし。
なんていうか我ながら地味な学生生活だよ、ふう……

9月……夏休みボケも納まりかけたある日、いつもどおり図書委員に出るために図書室へ出向いた僕だけど……
なんていうかこの学校の図書室はあんまり利用されない事が多くって、委員会も結構いい加減だったりする。
2年生の時に僕が委員長になったものの、結局3年になって引退しても相変わらず僕が図書室に出向く始末。
だって……みんなサボってばっかりで出てきてくれないんだもんなぁ。
同じクラスで図書員をやっている女子の君島さんも、サボってばっかりであんまり委員会で顔を合わせた事がないし。
でも、そんな僕だけが顔を出している図書室に……その日、女神さまが現れたんだ!

図書委員を担当している先生から『来週から、専任の司書さんが来る事になる』とは聞いていたけど……
そこにいたのは僕が想像していたよなオバさんではなく、とびきり素敵な女性だった。
でも……僕は彼女を知っている。
そう……彼女の名前は『氷川撫子(ひかわなでしこ)』さん。僕が小学生の頃まではお隣に住んでいたお姉さんだ。
大学で教授をしているという彼女のおじさんの都合でロンドンへ行ってしまったが……
その時の僕は子供ながらも彼女に憧れていて、告白も出来ないままの自分に呆れて、何日も落ち込んだものだった。
そんな彼女が日本に帰ってきた!? それもこの学校の司書さんとして!

数年ぶりに再会した僕の事を撫子さんは覚えていてくれて、嬉しさいっぱいの僕だったが……
なんと彼女は僕の家のお隣にまた戻ってきたという話で、さらに幸せは最高潮に! 再会を喜ぶ僕たちは、つもる話をしながら彼女の家まで歩いた。
なんでも彼女は僕らの学校の卒業生でもあり、仕事場とはいえ懐かしさのあまり空港から直行したと言う事らしい。
またご両親は仕事の都合でまだイギリスに居るのだが、年末にはこちらに戻ってくると言う事で、まずは撫子さんが単身来日したと言う事らしい。
また、彼女の家は不在の間他人に貸していたりで痛みが激しく、現在リフォーム中だ。
リフォームの作業が終わるまでは近所のホテルに仮住まいとのことだったが……

同じく再会を喜ぶウチの母親が、あまりに突飛な事を言いだしたのだ。
「そんなのホテル代がもったいない。その間ウチに住めばいいのよ」……と。
前々からウチの母親は、長期出張中の父親の所に呼ばれていたのだが……僕には信用が無い様で、躊躇していたというのだ。
……しかし、当の彼女はニコニコと清らかな笑顔のまま軽〜く承諾!?
ウチの母親とお互いに頭を下げ合うと、あっさり同居が決まってしまったのだった。

トントン拍子に話は進み、撫子さんは客間に寝泊まりする事になってしまい、数日後には荷物も届くとの事だ。
あまりの幸せに殆ど放心状態の僕だったが……しかし、これもある意味生殺しだと言う事に気づく!?
だだだ、だって……何年も憧れていた撫子さんが、僕と一つ屋根の下に住むなんて……考えただけで鼻血が出そう……
そんな一人百面相の僕に不審がって声を掛けてきたのは、クラスメイトの君島さんと大輔君だ。
君島さんは同じ委員会として、大輔君は結構仲の良い友達の一人だ。
僕は二人とも個人的には仲が良かったけど……半年前くらいからこの二人はつきあい始めているんだ。
最近じゃ良く二人一緒にいるし、君島さんにお惚気を聞かされる事も結構あったり。

しかし、そんな君島さんは僕の話を聞くや否や、「そう言う時は……アタックあるのみよ!!」と息巻いている。
どうも、僕を撫子さんをくっつけようと、画策しているらしいんだけど……いや、気持ちは嬉しいんだけどね?
あきれる大輔君を後目に、「私たちの教訓を素に、アドバイスしてア・ゲ・ル・☆」とはしゃぐ君島さん……

でも、そんな困惑顔の僕がふと視線を図書室のカウンターへ向けると……そこには相変わらず女神の様な、撫子さんの笑顔があった。
それだけで僕の胸は高鳴り、これからの生活に……ちょっとエッチな想像までしてしまうのだった……

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001347
ファイル名/ファイル容量
VJ001347.exe / 282.29MB (296004636Byte)
CPU
PentiumII 300MHz以上 / PentiumIII 500MHz以上
メモリ
128MB 以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX7.0以上
ソフ倫受理番号
受理番号0003769D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003769D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「司書さんといっしょ☆ [7対応版]」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

おすすめ!大和撫子の性格と巨乳・安産型の巨尻をもつヒロイン

2008年09月10日   投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×1人

その性格は大和撫子そのもの。奥ゆかしく、控えめで、あくまで男(主人公)を立てる性格。その一方で肉体は、巨乳&安産型のむっちりした巨尻。すばらしいヒロインです。
 恥ずかしがりながらも、主人公のためにフェラもパイズリもこなしてくれます。またどこで覚えてきたのかソーププレイまで。
 そんな尽くす女の撫子さんですが、けっこう焼き餅をやく、嫉妬深いところがあってそんなときには大胆な行動(ますますエロい行動)をとってくれます。いろいろあって主人公の友人の恋人「紀子」、紀子の友人の母親「静枝」、そして「撫子」&主人公の4人で風呂に入ったときには、「孝之くんのここを洗うのは、わたしの役目です」といって、主人公のチ○ポを、自分の膣口でくわえ込んで激しく上下(ようするに本番SEX)します。洗うといっても結局キモチよくなって主人公は射精してしまいますが……こういう展開は大好きです。しかもこの4人でお風呂のシーンでは、3人のヒロインたちが放尿→主人公に小便ぶっかけなど、おしっこ好きならぜひプレイして欲しい一幕があります。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ラブラブですね・・・・。

2007年11月13日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

最初からお姉さんの方が同居に乗り気で、主人公も昔から憧れていたという設定上、よほどまずい選択を選ばない限り二人の生活はラブラブですね・・・。
ラブラブの度合いが増すにつれてエッチも所構わずになりそうだし・・・。
年上のお姉さんキャラが好きな方に是非お薦めします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

らぶらぶあまあま

2007年07月23日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

なシチュエーションばかりです。
ちょっと浮気しちゃったりもしますが、原則本命一本。

と、いうカンジで話が進行します。
鬼畜系な話は一切出てきませんので、鬼畜系は嫌いだ!という方にはおすすめ。
値段も手頃ですし。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!和姦とお姉さんが好きな方にオススメ♪

2007年07月11日  

このレビューは参考になった×0人

一般発売では「さーもんぴんく」とセットで販売されていた、いわゆるおまけと
思われがちな作品だが侮ってはいけません!
この作品はなんたってキャラがすごい!(俺的に)
メインヒロイン(むしろこの人以外にいない?)氷川撫子さんは『爆乳』(トラヴュ
ランス作品では1、2を争う)、『幼馴染』(好きな人多いよきっと)『年上』(姉
スキーなあなたに)『ハーフ』(半国際交流か?)『優しい』(ツンデレ流行ってるけ
ど年上といえばこれ)の五拍子揃った(半端でスマソ)姉スキー専用最終兵器なのだ!
このキャラとトラヴュランス伝統の和姦シナリオで攻められたら小生にはたまらん
わけですよ(鼻血)
単体ヒロインだけじゃ物足りないなんていう人もご心配なく!
「尽くしてあげちゃう2」からは人気ヒロイン君島紀香嬢と人気未亡人(?)篠原静枝
女史が参加し、さらに謎のヒロイン(おそらく尽くして1の国○田嬢だ)ポニテリアン
がHシーンを盛り上げてくれます(悦)
ストーリーは短いながらも値段は良心的なので姉スキーなあなたは是非!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!実は相思相愛!?

2007年06月22日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×1人

[紀香たんといっしょ☆]の続編的シナリオです。
ずっと憧れていた幼馴染のお姉さんと再会し、同居し、相思相愛の関係になって行くという、何とも王道的というか、正統派というか、そんな感じのゲームです。
大抵この手のオンリーヒロインかつ年上という設定のゲームは、ヒロインがお姉さんぶったり、愛情の裏返し的に高圧的になるパターンが多いのですが、このゲームのヒロイン・撫子は珍しく天然&癒し系キャラです。
年上でナイスバディの優しいお姉さんに癒して欲しい方にはお勧めの逸品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]