({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
ブランド名 D.O.フォローする
販売日 2006年02月24日
年齢指定
作品形式
アクション / 触手系陵辱陣取りアクション
その他
ジャンル
  • この作品は「Buddyシリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ Buddyについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

触手系陵辱陣取りゲームの第一弾が登場です。
あのなつかしの陣取りアクションがお手軽な操作で楽しめます。

ステージをクリアする毎にそれぞれ異なるエッチシーンが待っています。
ステージ毎に異なるシチュエーションで展開される触手モンスターとの濃厚でハードなエッチシーンが待っています。

ゲームは全部で20ステージもあり、また難易度も3段階から選べて幅広い遊び方が楽しめます。

・難易度についてのご紹介
EASY :アクションな苦手な人でも楽しめる簡単設計
NORMAL:ほどよい難易度で最初はこちらのモードでプレイするのがお勧めです。
HARD :このゲームを完全制覇したい方にご推奨。激ムズのエキスパートモードです。
各ステージ毎に登場するグラフィックは複数の原画家さんもよって描かれており、バリエーション豊かなラインナップになっています。
囲んで囲んで、妖獣と女の子との濃厚なエッチシーンを楽しんでください!

作品情報/動作環境

ファイル容量
429.03MB
CPU
PentiumII 300MHz以上 / PentiumIII 500MHz以上
メモリ
128MB 以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX7.0以上
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0003872D)

妖獣クラブ [7対応版]の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「妖獣クラブ [7対応版]」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

個人的にはX68000版を希望

2008年02月25日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×3人

レビュアーが選んだジャンル :

D.O.やZyXでおなじみの脱衣クイックス。
 噂に聞いていた広崎悠意氏(「妖獣戦記」シリーズや「虜」シリーズの原作者。興味のある方はぜひDLを。)原画ではありませんが、ゲームとしてはやはり面白いです。
 基本はクイックスですが、アイテムとかがあったり、攻略条件とかが結構甘かったりするので、ゲームとしては比較的簡単に攻略できるのではないでしょうか。クイックスですので、要はパターンとタイミングが命です。HARDモードもやればできるのではないかと…
 今となってはクイックスも懐かしいゲームですので、興味のある方はぜひ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

悪女を懲らしめる仕事人的な妖獣たち

2007年06月20日  

このレビューは参考になった×1人

D.O.の往年の名作のリメイク。
「また難易度も3段階から選べて幅広い遊び方が楽しめます」とあるが、難易度を変えたからといって、なにか特典があるわけではないので、あまり意味はないかもしれない。
とはいえ、異種姦ものの基本はちゃんと押さえてあるので、触手好きならば購入しても損はない。
ただし、妖獣の犠牲となる女性が性格の悪いキャラばかりなので、「真面目で素直で純真な好感の持てるヒロインが凌辱されてしまう」というようなシチュエーションを好む人にはちょっと楽しめないかもしれない。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]