美少女ゲーム > ZyX > トワイライトホテル ~夜鳴の詩~ [7対応版]

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 ZyXフォローする
販売日 2006年08月25日
イラスト ZyX原画チーム
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / サイコホラーアドベンチャー
その他
ジャンル
  • この作品は「Buddyシリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ Buddyについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

刻の館に響くのは、歓喜の声と陵辱の叫び。

快楽の声とともに、肉宴は悠久の時を紡ぐ。

肉宴(パーティ)は輪舞(ロンド)のように……

“トワイライトホテル”は、間宮家の4人のお嬢様方が経営しているホテル。
近郊では珍しい大きな洋館を改装して作られ、静かなたたずまいと、落ち着いた内装が訪れる皆様にくつろぎの日々をご提供致します。

経営者の間宮さやか様、間宮みどり様、間宮かなみ様、間宮さとみ様はご姉妹で、暖かな笑顔が安らぎを与えてくれるでしょう。

そして……

この光景を、見たことはありませんか?

ひょっとして明日もまた、あの娘を犯すのですか?

それとも、それともやはり夢の中でさえも、私を抱きたいのですか?

「夢」と「現実」とが交錯する、その狭間であなたは、何を見て、何を望むのですか?

選びたいのは……犯したいのは……愛したいのは……誰?

犯されているのは……私……

……サイコなストーリーと多彩なHが、淫艶と凌辱の宴を彩ります。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001314
ファイル名/ファイル容量
VJ001314.exe / 238.97MB (250579357Byte)
CPU
PentiumII 300MHz以上 / PentiumIII 500MHz以上
メモリ
128MB 以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX7.0以上
ソフ倫受理番号
受理番号0003856D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003856D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「トワイライトホテル ~夜鳴の詩~ [7対応版]」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

サスペンスを楽しみたい人に

2016年04月12日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

少しホラーなゲームです。
サンプルを見ると分かりますが
触手もあったりします。

ミステリアスな雰囲気を楽しみたい人には
買いかと思います。

解くのに行き詰った人は
ZYXのHPで教えてくれてるので
参考にしたら良いのではないでしょうか。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!秀作

2007年07月03日   投稿数 : 8位

このレビューは参考になった×2人

おおまかなストーリー。

ルポライターの主人公は取材の帰り道に車がスリップして谷底へ転落、意識を失う。
意識を取り戻したとき、なぜか豪華なホテルの一室にいた。広い館内には不釣合いな少なすぎる客と従業員しかいない。オーナー含む不思議な感じのする四姉妹、自分に敵意を抱いているような執事と庭師、 妖しげな三人の客、冷たい感じの一人のメイド、そして主人公…。

矛盾に満ちた感覚、そして外界から隔絶された閉鎖空間といった要素だけで、食指が動いてしまいました(笑)。キャラデザもストーリーとかなりマッチングしていて良かったと思います。ミステリー的雰囲気が好きな人にはぜひおすすめです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]