({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
ブランド名 WAFFLEフォローする
販売日 2006年01月17日
シナリオ さんきち
イラスト Louis&Visee
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 短編陵辱アドベンチャー
その他
ジャンル

作品内容

『特別接待』で温泉旅館“極楽浄土”を引き継いだ毒島音露は、泊まり客の女性の弱みを握って陵辱の限りを尽くしていた。しかし、それがバレて警察に捕まって刑務所に服役することになってしまう。

服役から2年経ったある日、監護官の隙をついて音露は脱獄に成功し逃亡生活を送ることに。潜伏先として『優遇接待』の水泳施設で管理人として働いていた音露。もちろん、婦女暴行を繰り返して楽しい日々を送っていたが、不意の事故で入院。そして、入院がきっかけとなり脱獄犯である事がバレてしまう。

『このまま捕まってたまるか!』

音露は傷の癒えぬまま、逃亡する事にしたのだ。


病院から逃げ出した音露。追っ手を振り切り辿り着いた海辺。
空腹、そしてノドの渇きを癒すために入った海女小屋に、海女の姉妹がいた。
音露に気をつかい食事を進める妹と、よそ者である彼を警戒する姉。
そんな二人をみたら、俺はどうする? 警察に追われる身なのに……。
逃すのか? あきらめるのか? こんな美味しそうな女を前にして……。
いや、そんなことはしない。
どうやって犯してやるか……。
俺は二人の隙をうかがい、虎視眈々と狙う……。

作品情報/動作環境

ファイル容量
237.13MB
CPU
PentiumIII 500MHz以上/PentiumIII 700MHz以上
メモリ
128MB/256MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0000647D)

逃亡者毒島音露~離島の海女編~の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「逃亡者毒島音露~離島の海女編~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

毒島シリーズ

2014年01月10日  

このレビューは参考になった×0人

毒島シリーズの一作。連番タイトルの一作目、一応これより以前の作品とつながっているが、別にこれから始めても問題はない。
内容としては、海女という若干マニアックな女性を対象とした陵辱ゲーである。
値段が安いということもあり、シナリオは短い。が、抜きゲーとしては下手なゲームを買うよりかは満足できる仕上がりであろう。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

冒頭からも、毒島音露さんが頑張ります。

2011年12月27日  

このレビューは参考になった×0人

逃亡者毒島音露シリーズの第1作目です。
この作品には、二人の海女の姉妹の他にも、別の海女さんもやれます。
このメーカーはスクール水着に、こだわりのあるメーカーですので、スクール水着が好きな方は、ぜひプレイしてみて下さい。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!これいいよ

2007年07月30日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

全5作ですがこれ単体でも、十分楽しめる作品です。
ナイスバディーな海女さんの姉と、幼児体系のスク水な妹の二人です。
ほぼ全体通して、陵辱するという作品です。
陵辱好きで絵の気に入った人は、かって損のない作品だと思います。
絵は汁とか水とかの表現がいい感じです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]