美少女ゲーム > ドラゴンフライ > 沈マナイ月 第二部

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2005年12月27日
声優 アクアウェーブ
その他 武井くりす(演出)
年齢指定
作品形式
動画 / ビジュアルノベル
その他
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for Movie」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

—8月18日 PM12時18分—
「皐月、いくぞーっ!」
明がスイカの模様の入ったビーチボールをゆっくりと投げる。
「あーーっ! どこ投げてんのよーっ!」
風にさらわれ力無く失速するボールを慌てて追いかける。波を掻き分ける度に飛び散る水飛沫が冷たくて気持ちいい。
眩い日差しと、光り輝く海。そして、それ以上に眩しい明の笑顔。
明と恋人同士になってから、初めての夏。あたしは力一杯浮かれていた。
明とは大学のサークルで知り合った。初対面から妙に気が合って、それからずっと仲のいい友達として付き合ってきた。
その関係が一気に変化したのは、ほんの数週間前のことだった。
いつもの大学の帰り道で急に、明が真顔で『好きだ。付き合って欲しい』って告白してきたの。
確かに、結構前からお互い意識してるのはわかってて、いつ、どっちが言うか、みたいな感じではあったけど、やっぱり、いきなり告白されてかなりびっくりした。
でも、それ以上に嬉しかった。
あの時、明が告白してくれなかったら、きっとあたしの方から告白してた。やっぱり、女の子としては男の方から言って欲しいもんね。
まあ、もう少しロマンチックにして欲しかったけど。
そんなわけで、それからあたし達は公然と付き合い始めた。
まわりは、なにをいまさら、って反応だったけど、あたしは毎日充実してた。
好きな人がいるってことがこんなに幸せだなんて知らなかった、ってくらいに。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001250
ファイル名/ファイル容量
VJ001250.zip / 599.84MB (628980387Byte)
CPU
Pentium 333MHz以上
メモリ
128MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
その他
Windows Media Player
ソフ倫受理番号
受理番号0003074D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003074D)

沈マナイ月 第二部の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「沈マナイ月 第二部」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件