美少女ゲーム > D'z > 生娘、

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 D'zフォローする
販売日 2005年12月06日
イラスト The SEIJI
年齢指定
作品形式
デジタルノベル / デジタルEG(エログロ)アニメーションノベル
その他
ジャンル

作品内容

「箱入り娘」がフル画面アニメーションを加えて、人でなし度倍増!

マジメぶった外面とは裏腹に超淫乱な恋人「北倉 薫」
彼女に嫌気がさしていた矢先、俺が出会った清楚可憐な美少女「東條 瑞穂」
田舎から出てきたばかりの彼女は、純真無垢の箱入り娘だった。
俺は薫との汚れた関係を捨て、瑞穂との純愛を目指すが、ことごとく裏目に・・・。

さらに、俺を誘惑する謎めいた女「西崎 里美」らを巻き込み、事態は狂気と淫欲に色どられてゆく。

舞台となるのは、とあるミッション系スクール。
だがそこに響き渡るのは、祝福ではなく口汚ない罵声、讃歌ではなく美少女の悲鳴。
聖なる学びの園は、背徳と狂乱の失楽園と化してゆく。
物語は、悪意と陰謀に引きずられ、破局へと突き進む・・・。

汚濁と混迷の果てに、俺が見るものは?

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001238
ファイル名/ファイル容量
VJ001238.zip / 311.18MB (326291325Byte)
CPU
Pentium 166MHz以上/PentiumII 233MHz以上
メモリ
64MB / 128MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラーモード

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「生娘、」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

鬼畜主人公によるダークストーリー

2008年08月19日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

今まで学校にすら通った事のない常識知らずの女の子を利用してやりたい放題というお話
登場する女の子は全部で3人で、それぞれ複数のエロシーンがあります

ストーリーが進むにつれメインヒロインの扱いもどんどん酷くなっていきエロも過激になっていきます
コメディな部分もありますが全体的にダークでヒロインを苛め抜く感じのゲームでした

主人公はごく普通の学生って筋書きでしたが、こんな男滅多に居ないって程メチャクチャ酷いサド野郎です
選択肢がヒロインに対して酷すぎて選ぶのが辛い場面もありましたが、エロシーンは濃いモノが多かったです

世間知らずの箱入り娘さんとエロ娘達のダークなエロシーンが見たい人にオススメです

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!生娘、

2007年10月02日   投稿数 : 9位

このレビューは参考になった×0人

主人公やその他の登場人物の性格がカルく、序盤はちょっとコメディタッチですが、エンディング付近になると一気にダークな雰囲気に転落していくのでそのギャップに怖さを感じました。
選択肢は1プレイに20〜30箇所程度。
D'zさんのゲームは古い作品ながらシステム面が充実しているところに好感が持てます。今作でもCG・イベント・音楽鑑賞、無限セーブ&ロード、男性キャラシルエット切り替え、ボイス・効果音・BGM ON/OFF、台詞スキップなど一通り揃っていて快適です。
ちなみに「箱入り娘」との違いはアニメーションの有無のみなので、アニメに拘らない方は500円安い「箱入り娘」の方をオススメします。

あと公式ページに「主人公はどこにでもいそうな、ごく普通の学生。」って書いてありますけど、とんでもなく不真面目な性格悪いタラシですよ。(笑)

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]