美少女ゲーム > ドラゴンフライ > ひとりごっこ

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2005年11月25日
年齢指定
作品形式
デジタルノベル / ビジュアルノベル
その他
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for Movie」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「——ふう、テストも近いし勉強しないと……」
 自宅に帰り着いた春奈がひとりごちる。
 しかし、何をするにしても、春奈にはまずやらなければないことがあった。
 それは、春奈にとっては、もはや恒例の儀式といってもいいものだ。
「今日もよろしくね、クマさん……」
 そう言って、春奈はベッドの枕元に置かれたクマのぬいぐるみに目を落とした。
 それは、まだ幼かった頃、両親が買って来たもので、それからずっとそのぬいぐるみは、春奈のよき遊び相手となっていた。
 そして、それは春奈が肉体的にも成熟した今でも変わることなく続いている。
 身体の奥に、熱いほてりを感じながら、春奈は服を脱ぎ始めた。
 他には誰もいない部屋に、かすかな衣擦れの音だけが響く。
 春奈は、何とも言えないもどかしさを覚えながら、服を脱ぎ捨てて、下着だけの姿になった。
 そしてそのまま、ベッドの上に横たわる。
 少し小さめの子供用ベッドが、軽く軋み声を立てた。
 春奈が、ふと枕もとに目をやると、いつものようにクマのぬいぐるみが、愛らしいが無表情な顔で見つめている。
 それに気づいた瞬間、春奈は背徳的な感覚を覚えるとともに、自らの胸の奥で情欲の炎が燃え上がるのを感じた。
 春奈はたまらずショーツをズリ下ろすと、可憐にすぼまった秘所に自らの指先を這わせた。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001232
ファイル名/ファイル容量
VJ001232.zip / 212.58MB (222908288Byte)
CPU
Pentium 333MHz以上
メモリ
128MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
その他
Windows Media Player
ソフ倫受理番号
受理番号0003055D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003055D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ひとりごっこ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件