({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2005年11月08日
年齢指定
作品形式
デジタルノベル / ビジュアルノベル
その他
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for Movie」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「——京子……」
「ん……、堂本さん……」
 堂本が京子の肩に手を伸ばし、その身体を抱きすくめた。
 広く明るい室内には、豪奢だが上品な家具類が揃えられ、大きな窓の外には宝石を散りばめたように見事な夜景が広がっている。
 ここは、堂本が取引のために借り切ったホテルのスイートルームだ。
 国内で最大規模の麻薬シンジケートを取り仕切る堂本は、大きな取引を控えてもけしてナーバスになることはなく、美しい情婦の身体を楽しむ余裕さえ見せていた。
 堂本の無骨な手のひらが、京子の白く形の良い乳房を、イブニングドレスの上からもみしだく。
「んあっ……んっ、ダメっ……」
 京子が抵抗めいた言葉を口にした。
 しかし、京子の身体は言葉とは裏腹に、艶かしく扇情的な動きを見せる。
 京子の仕草は、堂本の気を引くための演技だった。

作品情報/動作環境

ファイル容量
303.61MB
CPU
Pentium 333MHz以上
メモリ
128MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
その他
Windows Media Player
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0003058D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「潜入捜査官 京子」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件