美少女ゲーム > ソフトウェアハウスぱせり > ファントムナイト~夢幻の迷宮II

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2005年11月15日
音楽 I've
年齢指定
作品形式
ロールプレイング / ローグライクRPG
その他
ジャンル

作品内容

1000回遊べる美少女RPG第二弾!
入るたびに形の変わるダンジョンは健在。
モンスター・アイテム・罠・全てにおいて数は大幅増量!
今作では可愛い女の子も仲間となり戦いをサポートしてくれるぞ。

デザートシティの戦いより数ヶ月後、世界中の大地は砂漠化が進んでいた。
あちこちには、地形を変化させる変動地型が現れ、街と街の間を移動することも難しい状況に
なっている。(街を結ぶ道や森までもが変動地形になってしまったから)人々はこの現象を
「ファントム・フェノメノン」と呼んだ。
 国の中心である「王都」では事態を重く考え、原因追求のため各地に調査班を派遣した。
主人公(プレイヤー)は、もともと王都の騎士団に所属し過去の「王都戦争」でも活躍した
ナイトの称号も持つ精鋭であったが、兄(前作の主人公)の消息が途絶えた事をきっかけとし
騎士団を脱退し、とある小さな街へ辿り着いていた。

 主人公の後を追うように、調査班の一員として王宮魔導団「レイン・レイフィールド」も
同じ街へと辿り着いていた。
 レインは主人公と過去に付き合っていた恋人であったが、王都への不信感を持つ主人公と意志
の相違とささいな嫉妬心から気まずくなり交流を絶っていた。しかし、一匹狼として驚くほど
逞しく成長していた主人公に再会することにより冷えかけていた心もしだいに溶け、やがて強く
惹かれていく自分に気づくのだった。雨(レイン)の雫が、つめたい氷を溶かすように…。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001219
ファイル名/ファイル容量
VJ001219.zip / 256.45MB (268909462Byte)
CPU
Pentium 133MHz以上 / PentiumII 300MHz以上
メモリ
32MB / 128MB 以上
必要解像度
640*480 256色以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ファントムナイト~夢幻の迷宮II」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

ファンタジー(2) 戦士(2)

おすすめ!案外少ないジャンル

2013年07月14日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

ローグライク系のゲームは珍しいのもあって
埋もれている気がしますが、充分すぎるボリュームです。
Hシーンについてはおまけ程度ですが
ゲームバランスも良く仕上がっています。
ゲーム中の仕様を駆使すれば相当ヌルくもなりますが
その辺りは自身で少しの制限をかければ
ちょうど良い難易度でのプレイも出来ると思います。

前作を未プレイの方はそちらからプレイしてみると良いのではないでしょうか。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!君の物は俺の物、俺の物は俺の物

2007年06月22日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

豊富な敵キャラと豊富なアイテム群。
アイテム自身の強度や合成要素などもあり、そのバリエーションはまさに千変万化……とは言い過ぎかもしれないが、なかなか楽しめるのは確か。
問題点はそうして集めたアイテムも、最終的には余り役に立たないことかもしれない。
最強の武器、最強の防具。結局それらに集約してしまうし。
ただ、だからといって、最後の方では安穏とはしていられない。緊張感の有るダンジョン攻略が楽しめる。
ローグ系と呼ばれるRPGの醍醐味はキャラクターの成長ではない。
プレイヤーの戦術、敵への知識、対応。引き際を見極める洞察力。
そういったプレイヤーの成長にこそ有る。
ゲームそのものとの駆け引きを楽しめる人なら、きっと満足できるのではないか。

ところでヒロイン達との触れ合いやエッチシーンに関しては、メインがRPGの部分に費やされているためか、短めである。
だが、それを補って余りある、ゲームとしての楽しさが有る。個人的には大変お勧め。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!RPGでエロゲー

2007年06月21日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

ヒロインと一緒にダンジョンにもぐれたり、自身をアイテムで強化させたり
強化アイテムの無限増殖など、やり込めば異常に強くなれる点が最大の特徴。
やり込むのが好きな人にお勧めできます。
(低価格なのもあり、異常にハマル方には満足がいかないかと思います。)

シリーズ作品なので、この作品が気に入れば最新作をプレイしてみるのも良いと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]