美少女ゲーム > アクアハウス > 館の奥さま

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2005年11月04日
イラスト 李KPA
年齢指定
作品形式
テーブル / スゴロク型ボードゲーム
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

俺は配達のバイトで訪れた、街外れの小高い丘にある、大きな洋館にいた。
呼び鈴を鳴らしても誰も出てこない。鍵はあいていたので、俺は声をかけながら中へ入っていった。玄関か応接間か区別の付かない大部屋を歩いていると、その奥の部屋から返事が返ってきた。
そこには美しくも妖艶な奥さまが濡れた髪にバスタオルと云う姿で、主人公を待っていたのだった。
「ごめんなさいね。今、みんなではらってしまって…」
ハンコを貰うだけで、もうどきどきそわそわ。バスタオルからこぼれそうな豊満な胸に目が奪われる。
俺は貰うものを貰うと、思わずその洋館を飛び出してしまった。
「うふ、かわいいのね。」

次の日、俺は正体不明のリムジンに追突された。気がつくとあの洋館の中に横たわっていた。
「ふふふ。今日から貴方はわたしのペットよ」
はい?!

主人公のあまりの可愛さに思わず軟禁してしまった世間知らずの「お嬢様系奥さま」と、一緒に住む3人の女性とメイド達との甘〜い「軟禁生活」(笑)
楽しむも逃げるも主人公次第?!

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001214
ファイル名/ファイル容量
VJ001214.zip / 344.69MB (361434200Byte)
CPU
PentiumII 233Mhz以上
メモリ
64MB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX7.0a以上
ソフ倫受理番号
受理番号0000477D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0000477D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「館の奥さま」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!不鮮明な所が逆に攻略魂に火をつけるタイトル

2007年08月06日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

始めに言います。
この作品は不鮮明であり、マニュアルが無く、不親切であると。
だがHはそこそこ良好である。

……そこがゲーマーとしての俺に火をつけました。
かなりの手探り間でプレイするゲームでお世辞にも良作とは言えません。
だからこそ、攻略する甲斐があるゲームです。

CGの原画さんも有名な人ですし、気が長い人はやってみましょう。
特にゲーム攻略好きな人はその為だけに買う価値あります。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]