({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2005年10月18日
年齢指定
作品形式
デジタルノベル / ビジュアルノベル
その他
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for Movie」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「辞令 総務部特別接遇課 川奈木律子」
 ——それは、あまりにも突然な異動だった。
 それまで有能な重役秘書として、エリート街道を歩んできた律子が、新設されたばかりの「特別接遇課」などという具体的な業務内容もはっきりとしないような部署へと、いきなり配置転換されたわけである。
 律子には不安要素があった。
 それは、同じ特別接遇課の課長としてともに異動が決まった中井のことである。
 中井は、律子が秘書課にいた時も直属の上司だったのだが、セクハラ上司として有名で、女子社員から毛虫のように嫌がられていた男だ。
 女性を性の対象としか見ていないような中井を、律子も他の女子社員同様に嫌悪していた。

「——川奈木くん、悪いが今日は残業につきあってもらうよ。——明日、大事な取引先から来客があるんだ、その関係で少し話があるんだ」
 退社時刻を前にして、中井が急に切り出した。
「……はい」 
 あの中井と二人きりでの残業である。
 さすがに一抹の不安を覚えたが、上司命令を断れるはずもなかった。

作品情報/動作環境

ファイル容量
182.26MB
CPU
Pentium 333MHz以上
メモリ
128MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
その他
Windows Media Player
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0000532D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「隷属の美人OL」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件