美少女ゲーム > ドラゴンフライ > 黄色の性餐

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2005年09月27日
シナリオ 公文一人
イラスト TYCOON
声優 アクアウェーブ
年齢指定
作品形式
デジタルノベル / ビジュアルノベル
その他
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for Movie」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

 ——鬱蒼と茂った森の中を、夕闇が包み込む。
「……ああ、今日も戦果は無しか……」
 若い狩人は、ため息をつきながら手ぶらで家路につこうとしていた。
 不思議なことに、ここ最近、猟は不振続きだ。
 数日ほど前から、ぱったりと獲物の姿が森から消えてしまったのである。
「いったいどうしたんだろう……?」
 狩人は首を傾げたが、どんなに考えても答えは見つからない。
 そんなことを考えながら山道を歩いていると、妙な物音が茂みの奥から聞こえてきた。
「——うあっ! や、やめてっ! 助けてください……」
 耳をそばだてると、なにやら助けを求める女の声のようにも思える。
 狩人は思わず、物音のする方へと茂みを分け入って行った。
 そして、声の聞こえる方に進んでいくと、少し開けた広場のような場所に突き当たった。
「………………!?」
 そこで目に飛び込んできた光景に、狩人は思わず息を飲んだ。
「いやああああ——! 痛いっ! やめて——! 」
 広場の中ほどにある大きな木の下で、ひとりの少女が数人の男たちに乱暴されているのだ。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001190
ファイル名/ファイル容量
VJ001190.zip / 244.28MB (256151311Byte)
CPU
Pentium 333MHz以上
メモリ
128MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
その他
Windows Media Player
ソフ倫受理番号
受理番号0003067D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003067D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「黄色の性餐」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!狐娘

2007年07月18日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

この作品みたいに狐娘が完全被害者って言うのも珍しい気がするので割と貴重なシチェかと…
このデジタルノベルシリーズは絵が良いんですけど、欲を言えばヒロインと読み手以外にも、
男役の人の声が欲しいですかね?

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]